源さんとかりんとう Part-3

  • 投稿日:
  • by

これは美味い!! と思えるかりんとう饅頭を探して放浪は続く・・・

 

菓子屋や物産展などで「かりんとう饅頭」を見つける度にワシはそれを買って賞味しておるのじゃが、残念ながら身近で手軽に購入できるモノはないよのぅ。

福島物産展で見つけたもの 福島物産展.jpg 

川崎名物と称して販売されているもの 川崎市スエヒロ.jpg 

岩手県の平泉に製造元があるもの 岩手県西磐井郡平泉.jpg 

群馬県みどり市の和菓子屋で売っているもの 群馬県みどり市.jpg 

関越自動車道上里SA(上り)の売店で製造販売されているもの 上里SAで買った.jpg 

どれも饅頭を揚げたもので「かりんとう饅頭」から連想される かりんとう感 にはほど遠い。

実際に食べてみても、ほんの一瞬カリッと感じた後は餡子の甘さばかりが際立ち、1個を喰うのも辛い。

これらは「かりんとう饅頭」ではなく「揚げ饅頭」と呼ぶのが相応しいと思うぞよ。

実際、同様のものを「揚げ饅頭」と称して売っている潔い店もある。

 

一方ワシが惚れ込んだ木曽の巴御前本舗のもの 巴御前本舗.jpg はカリッ感の持続具合(=かりんとうらしさ)も餡子の控えめな甘さ加減も申し分なく、つい続けて2個3個と喰ってしまうほどじゃ。

写真では分かり難かろうが、これは饅頭を揚げたものではない。 「かりんとう饅頭」を創造しようとして、工夫を重ねて作ったものじゃ(製造者本人から聞いた)。

表皮はかりんとうそのもの。「かりんとう饅頭」を名乗るからには、やはりこうでなくては!!

 

この味を求めて前回木曽を彷徨ったのは9月15日・・・それから1か月・・・そろそろまた喰いたくなった・・・取り寄せでもしようかのぅ。

んだ、そうするべ。 555!!

 

美味を求めて幾千里、それも放浪の醍醐味よのぅ。



どうじゃな、ほれ、そこの坊主もたまには出かけてみてはどうかの?  そして、出かけたら、すかさずここにアップするのじゃぞ。


おぉ、それから、これはシリーズものではないぞよ。