動画投稿に挑戦

  • 投稿日:
  • by

できましたねぇ。

ただしフラッシュプレイヤーを利用しているためiphoneでは表示・再生されません。

他の方法を引続き模索しますが、とりあえず第一報。

源さんとかりんとう Part-3

  • 投稿日:
  • by

これは美味い!! と思えるかりんとう饅頭を探して放浪は続く・・・

 

菓子屋や物産展などで「かりんとう饅頭」を見つける度にワシはそれを買って賞味しておるのじゃが、残念ながら身近で手軽に購入できるモノはないよのぅ。

福島物産展で見つけたもの 福島物産展.jpg 

川崎名物と称して販売されているもの 川崎市スエヒロ.jpg 

岩手県の平泉に製造元があるもの 岩手県西磐井郡平泉.jpg 

群馬県みどり市の和菓子屋で売っているもの 群馬県みどり市.jpg 

関越自動車道上里SA(上り)の売店で製造販売されているもの 上里SAで買った.jpg 

どれも饅頭を揚げたもので「かりんとう饅頭」から連想される かりんとう感 にはほど遠い。

実際に食べてみても、ほんの一瞬カリッと感じた後は餡子の甘さばかりが際立ち、1個を喰うのも辛い。

これらは「かりんとう饅頭」ではなく「揚げ饅頭」と呼ぶのが相応しいと思うぞよ。

実際、同様のものを「揚げ饅頭」と称して売っている潔い店もある。

 

一方ワシが惚れ込んだ木曽の巴御前本舗のもの 巴御前本舗.jpg はカリッ感の持続具合(=かりんとうらしさ)も餡子の控えめな甘さ加減も申し分なく、つい続けて2個3個と喰ってしまうほどじゃ。

写真では分かり難かろうが、これは饅頭を揚げたものではない。 「かりんとう饅頭」を創造しようとして、工夫を重ねて作ったものじゃ(製造者本人から聞いた)。

表皮はかりんとうそのもの。「かりんとう饅頭」を名乗るからには、やはりこうでなくては!!

 

この味を求めて前回木曽を彷徨ったのは9月15日・・・それから1か月・・・そろそろまた喰いたくなった・・・取り寄せでもしようかのぅ。

んだ、そうするべ。 555!!

 

美味を求めて幾千里、それも放浪の醍醐味よのぅ。



どうじゃな、ほれ、そこの坊主もたまには出かけてみてはどうかの?  そして、出かけたら、すかさずここにアップするのじゃぞ。


おぉ、それから、これはシリーズものではないぞよ。

 

源さんとかりんとう Part-2

  • 投稿日:
  • by

数あるかりんとうの中でワシが最も気に入っておるのが、これ IMG_0766.JPG じゃ。

ワシが生まれ育った地方ではこれを「芋かりんとう」と呼んでおった。

ワシがまだガキじゃった頃、学校から帰ったら 100g ほどの芋かりんとうを紙袋に詰めてもらったものを「おやつ」としてよく喰ったものじゃ。



ワシは太子堂を贔屓にしておるのじゃが、最近ではコンビニなどでも売っておるようじゃな。  また出かけた先で同様なものを見るとつい買ってしまうこともある。

遠州銘菓「芋まつば」 芋まつば.JPG 、九州名産「芋かりんと」 芋かりんと.jpg など、地域によって呼び名も様々のようじゃのぅ。

今回太子堂で「芋けんぴ」を買ったついでに「めで鯛」 IMG_0765.JPG も買った。 これはかりんとうではないが、ワシが好きなものの一つじゃ。

どちらもシンプルな味じゃが、それがいい。





どうじゃな、ほれ、そこの坊主も、ポテチばかり喰ってないで、たまにはこのような素朴な菓子を喰ってみてはどうかの? そして、喰ったら、すかさずここにアップするのじゃぞ。


おぉ、それから、これはシリーズものではないぞよ。

 

源さんとすき焼き

  • 投稿日:
  • by

さんはすき焼きが好きである。

上等な和牛の肉を見ると、すき焼きあるいは焼肉が喰いたくなる。

腰塚.jpg    自由が丘を散策していたこの日、上等な肉を売っておる店の前をたまたま通りかかった。  おおぅ、これはこれは久しぶりに食欲をかきたてる肉ではないか!!

肉を1Fで売りつつ、2Fでは直営の焼肉レストランを経営しておるということは、肉質によほど自信があるのじゃろう。

ちょうど腹も空いておるし、これはもう試してみるしかないようじゃ。

 

んだ、喰うべ。 555!

 

肉を焼きながらじっくり賞味するのも良いが、メニューを見ているうちに、それをするのも面倒になってきた。

喰うと決めたら、とにかく「すぐ喰いてぇ!!」となるのがワガママな食いしん坊というもの。 困ったものじゃが、しかたない。

というわけで、すき焼きを注文した。

ところがどうだ。 すき焼き御膳.jpg やがて出されたすき焼き鍋には肉がまだ生の状態で載っておる。  むむぅ、これを自分で焼きながら喰えということか!!

結局自分で焼くのか・・・面倒じゃがしかたない。

しかもこのすき焼き、鍋の下に固形燃料が置いてあり、どうやらそれで焼けということらしい。

・・・うむむ、どこまでも面倒じゃ。

しかし肉を生から煮るには、固形燃料程度ではどう考えても火力不足じゃろう。

しかもワシが座った席とエアコンの位置関係から、エアコンの風が固形燃料の炎をいっそう頼りなくしてしまい、肉がまったく煮えないときたもんだ。

自分で焼くのは演出としてはありだと思うが、固形燃料はイカン。なんでカセットコンロにしないのか???

それにワシはそんな演出より早く肉を喰いたいのじゃが!!

というわけで、肉の代わりに業を煮やしたワシは、店員を呼んで厨房で煮てくれるよう頼んだ。

出来上がりはこの通り。すき焼き御膳2.jpg 始めから、これで出すべきなのじゃよ。

因みに 黒毛和牛焼き肉丼.jpg これは連れが注文した黒毛和牛焼き肉丼。これもまた美味。

久しぶりに美味い肉をたらふく喰ったというわけじゃ。

美味なるものとの偶然の出会い、それも放浪の醍醐味よのぅ。



どうじゃな、ほれ、そこの坊主もたまには出かけてみてはどうかの?  そして、出かけたら、すかさずここにアップするのじゃぞ。


おぉ、それから、これはシリーズものではないぞよ。

源さんとかりんとう

  • 投稿日:
  • by

皆の衆はかりんとうを喰うじゃろうか?


源さんは「かりんとう」がたいそう好きである。

「かりんとう」は「えびせん」も「ポテトチップス」もなかった頃からある庶民のお菓子じゃ。

IMG_0510.jpg    karinto.jpg    karinto2.jpg  (一部かりんとう以外の菓子も混ざっておるが、気にするでないぞ)

 かりんとうは小麦粉を砂糖・水・イースト・食塩・重曹などと共に練って棒状にした生地を植物油で揚げ、黒砂糖や白砂糖で作った蜜をからめた和菓子の一種じゃな。 最近では胡麻の実、抹茶、大豆、そば粉、ピーナッツ、緑黄色野菜など様々な食材を生地に練り込んだモノも売られておる。

素朴な菓子であるため、どこで買ってもそれなりに喰えるのがこの菓子の良いところなのじゃが、いろいろなコト・モノにこだわるワシには、かりんとうにも実はこだわりがある。

 

それが「かりんとう饅頭」じゃ

かつて道の駅・木曽福島でたまたま喰ったかりんとう饅頭は甘さも食感も絶妙であり、それを越えるモノにはワシの長い放浪人生においても未だに出会っておらぬ。

IMG_0404.JPG

2013年4月に岐阜を放浪した際には、それを喰いたくてわざわざ遠回りしてまで道の駅・木曽福島に立寄ったものじゃ。

その時にはそればかりでなく、いずれ「お取り寄せ」する日のために、その製造元である巴御前本舗を探してさまよい、IMG_0399.JPG  ついに所在地を特定するに至ったのじゃ!!

このかりんとう饅頭には、それくらい価値があるのじゃよ。

ワシらがたい焼きをよく買う近所(神田神保町)の達磨でもかりんとう饅頭を売っているのじゃが、IMG_0477.JPG  木曽のモノにははるかに及ばない。

因みに、たい焼きの達磨は和菓子を売る時には「嘉祥庵」なるブランド  IMG_0478.JPG  となるようじゃ。

達磨でかりんとう饅頭を作っている職人と先日話す機会があったゆえ、「木曽のかりんとう饅頭は最高!!  それと同等のモノを作ってくれれば、いくらでも買う」と言ってやったわい。  そいつは「あそこは本場ですからねぇ・・」と不戦敗の体であった。 

簡単に言えば、巷でよく見かけるかりんとう饅頭は饅頭をただ揚げただけ、表面のカリッと感もホンの気持ち程度であるのに対し、木曽のかりんとう饅頭はかりんとうの中に餡子が入っている(と思える)ほどカリッと感が持続するという違いがあるのじゃ。

味も巷のモノは饅頭の甘さを継承していてかなり甘いのに対し、木曽のモノは表面の甘さと中の餡子の甘さ(控え目)のバランスが極めてよろしい。

「発祥の地は福島」と世間では言われておるゆえ、実は木曽も本場ではなく、それを越えるモノが他にもあるかも知れぬが、とにかく現時点では木曽が最高であるとワシは思っておる。

これからも放浪を続けていれば、いずれは福島のかりんとう饅頭にも出会うことがあるじゃろう。

未知なるものとの出会い、それが放浪の醍醐味よのぅ。



どうじゃな、ほれ、そこの坊主もたまには出かけてみてはどうかの?  そして、出かけたら、すかさずここにアップするのじゃぞ。


おぉ、それから、これはシリーズものではないぞよ。

源さんとたい焼き

  • 投稿日:
  • by

7年ぶりの登場じゃ。

源さんはたい焼きがけっこう好きである。

「たい焼き」という看板や幟を見かけると、つい立ち止まり(喰うか喰わないか)迷ってしまう。 いくら歳を重ねても、なかなかこの煩悩を払うことは難しいよのぅ。

 

ところで皆の衆は「東京のたい焼き御三家」というのをご存知じゃろうか?

麻布十番の「浪花家総本店」 浪花屋.jpg 浪花屋2.jpg

人形町の「柳屋」 無題.jpg 無題2.jpg

四谷の「わかば」 IMG_0779.JPG   IMG_0783.JPG  

をそう呼ぶらしい。

 

誰が言い始めたかは知らぬが、そう言われると全て食べてみたくなるのが食いしん坊というもの。  困ったものじゃわい。

というわけで、それら全てを喰ってみた。

ただし全てを同じ条件で喰うのは難しい。

浪花家総本店では10分ほど待って作りたてをゲットしたのじゃが、餡子まで作りたてじゃったようで、それが熱くて熱くて味がよう分からん状態。  皮は焼きたてでも良いが、餡子は少し寝かせて味が落ち着いてからの方が良いじゃろうな。

柳屋では列に30分以上並んでようやくゲット。  皮も餡子も味は大人しめ。  数時間たって冷めたモノも喰ってみたが、やはり焼きたてには及ぶべくもなかった。

わかばでは、注文を聞いて焼く爺さんの愛想はかなり少なめだが、味はワシの好みに一番合っておった。

総じて、御三家いずれのたい焼きも、餡子の甘さ加減は過ぎることなく好ましいと思うが、皮にはそれほど味わいを感じなかった。  皮よりも餡子を重視しているんじゃろうが、ワシとしては皮にもこだわって欲しいところじゃ。

そういうわけで、ワシ的には、現時点での東京で一番のたい焼きは、神田神保町にある達磨  sw-daruma.jpg のたい焼き  taiyaki-daruma.jpg  であると思う。  皮にも好い味があり、冷えてもそこそこ美味しく喰えるのが嬉しいぞよ。



ちなみに、たい焼きを「頭から喰うか尻尾から喰うか」なる論争があるようじゃが、そもそもたい焼きが世に出た当時は「尻尾は持つところであり、餡子で甘くなった口内を直す(リセットする)ため、餡子は入っていなかった」という説もある。

それがいつの間にか「尻尾にも餡子を入れて差別化(お得感)を図ろう」という輩(業者)が現れ、今のような論争のネタになったのじゃろう。

皆の衆も、ただガツガツ喰うのではなく、そのような薀蓄をたれながら喰ってみるのも一興じゃぞ。



どうじゃな、ほれ、そこの坊主もたまには出かけてみてはどうかの?  そして、出かけたら、すかさずここにアップするのじゃぞ。


おぉ、それから、これはシリーズものではないぞよ。

源さん、参拝す - 2006年新春

  • 投稿日:
  • by

どうじゃな、皆の衆、新しい年を家族揃って迎えられたかの?

除夜の鐘を聞いて、煩悩を全て払ったかの?

4728_1.jpg
新しい年の初めには、こうして一年の無病息災や家内安全を祈願するのが正しい日本人じゃぞ。

この日は寒かったが、なんとか例年通り参拝に行ったぞよ。


願いはただ一つ、ブタやクソやトロがいなくなること。

うぉっほぉっほっ、そうして、今年は新春から良いことが続く筈じゃ。

4728_2.jpg
どうじゃな、ほれ、そこの坊主もたまには参拝にでも出かけてみてはどうかの? そして、出かけたら、すかさずここにアップするのじゃぞ。


おぉ、それから、これはシリーズものではないぞよ。

源さん、たまげた

  • 投稿日:
  • by

久しぶりに秋葉原に行ってみようかの。


たまにはそういうところで情報収集することも必要なのじゃ。


秋葉原へ行くには首都高横羽線を北上し上野までブッちぎり、そこから下道を秋葉原まで戻るというルート。 帰りは本町から首都高に入り後は往路と逆のルートを走る。

渋滞さえなければ、自宅を出て45分後には秋葉原の駐車場に車を入れ終わるという按配じゃ。

さぁ、行ってみるだべ。 555!


秋葉原において、ワシが情報収集するルートは決まっておる。

まんずは万世橋の方まで行って数軒の店を回り、そこからラジオデパート、ラジオセンター、そこから国技館通りまでの目ぼしい店をくまなく訪ね回るのじゃ。

このルートを回るには急いでも2時間くらいはかかるので、それを基本として、その時々の状況に応じて一部をショートカットする。


いつ来ても秋葉原には人がウジャウジャいる。 最近は特に○○系の間抜け顔を多く見かける。

どこでも他人迷惑を気にすることもなく、傍若無人で大声で喋る奴らにはウンザリじゃ。

まったく、それにしても、この混みようはいったい何なのじゃ! 真っ直ぐに歩くこともできぬわい。


それにしても、この街も随分と変わったよのぅ。

以前から多少はあったものの、最近では「萌え」や「メイド」がブームにまでなったためか、その系統の店やファッションが驚くほど増えたようじゃ。

4106_1.jpg
おぉぉぅ、なんじゃ、この人だかりは!? ぬぁんと、いい歳こいたオヤジや怪しいオタクが少女の後をゾロゾロとついて歩いているかと思えば、今度は写真撮影じゃ。

むさ苦しい野郎どもの集団がなんとも異様な雰囲気を醸し出しておるわい。

おぉぉ、こいつの目は明らかにイッテしまっておるではないか!!

4106_2.jpg
うぉぉぉぉぉ、このオヤジ、そんな最前列に陣取って、何を写しておるのじゃろう!?

うへぇ~、このオバサン、いい歳こいて、メイド・ファッションじゃねぇか! 気持ちわり~!


この日は久しぶりに秋葉原を2時間半ほど歩き回り、パソコン・ショップで目の保養をしたり、最新の部品情報を仕入れたり、オマケに怪しげな光景までも目にしたわい。

※ワシの目の保養とは「萌え」ではなく、部品じゃぞ。 間違えぬようにな!

※この写真は「むさ苦しい集団」から離れたところから望遠で撮ったものじゃ。  ワシも集団の中にいたわけではないからのぅ、間違えるでないぞよ。


良い天気じゃったから、遊びに出かけるイカレポンチがウヨウヨおった。 ところどころ、そいつらに邪魔されはしたが、所詮はワシの敵ではない。

今回の最高速度は首都高で145Km/hじゃったろうかの。


どうじゃな、ほれ、そこの坊主もたまには出かけてみてはどうかの? そして、出かけたら、すかさずここにアップするのじゃぞ。


おっと、一つ言っておくが、秋葉原を徘徊したからといって、ワシはけっしてオタクなんぞではないぞよ。

知識やスキルはオタクにも負けぬものを持っているが、それをおくびにも出すことなく、いつもダンディに決めているのがワシの偉いところじゃ。


それから、これはシリーズものではないぞよ。

源さん、岬に立つ

  • 投稿日:
  • by

久しぶりの登場じゃ。

今回はふと思い立って石廊崎に行ってみたっち。 たぶん20数年振りじゃなかろうか・・


公共駐車場だと金がかかるので、その手前の広いスペースに車を停める。

すると、さっそく土産物屋のオバサンが走って来るのが見えた。 やれやれ、20年経っても、相変わらずの営業方法じゃわい。


オバサン 「ここはウチの駐車場なの。 料金は取らないけど・・」
源 「後で寄ればいいんでしょ」
オバサン 「あら、知ってんの?」
源 「えぇ、いちおう」
オバサン 「土産物でも見て行ってよ。 食事もできるわよ。 ヨロシクね」
源 「分かりました」

そうやって、オバサンは満足そうに土産物屋に戻って行った。

約20分ほど歩いて先端に着くと、そこには大海原が広がっていた。 当たり前じゃが、たまに見るとなかなか良い。

4007_1.jpg
たまに見る海もいいのぅ。 海は広いよのぅ、大きいのぅ・・・

水平線の向こうに思いを馳せ、海風と語らい、鳶と戯れ、時には老夫婦の写真を撮ってやったりして、しばしの時間を過ごした後、再び20分ほどかけて戻る。

クソが溢れるところで暮らす者にとっては、たったこれだけのことでも、充分なリフレッシュになるものよのぅ。


「土産物屋の前を通らずに車に乗る方法はないかな?」などと考えながら坂を下って行くと・・・おぉぅ、あのオバサン、店の前に陣取っていやがる! 誰一人として見逃すまいという気迫さえ感じる!!

・・・うむむ、しかたない、何か軽く喰っていくか・・・ほれ、あのオバサン、もうこっちを見てニコニコしている、たいしたもんだ。



オバサン 「暑かったでしょう。 さぁ、冷たい水でもどうぞ」
源 「どうも(もう、ぜったい逃がさないって勢いだな)」
・・・

inside_of_hisago.jpg

店内には天草を乾燥させたものや海苔の缶詰等の海に由来するものから、○○クッキーとかのどこでも見かけるもの等が所狭しと置かれている。


・・・

源 「これ、そこの海で採れたもの?」
オバサン 「そうですよ、ここで採れないものはありません」
源 「ふぅ~ん」

源 「では、岩のりラーメンでもいただきますかね。 ところ天も」
(朝はマフィンを少しばかりかじっただけなので56563が来はしないかと心配になったが、せっかく海の近くにいるのだし、なるようになれと覚悟を決めた)
オバサン 「は~い、美味しいわよ~」


まぁしかし、こういうところで美味いモノを喰おうなんて思わない方がいい。 みんな、そうやって大人になってきた筈じゃな。

しばらく店内に置かれたモノを見回しながら時間を潰す。

iwanori_ramen.jpg
まず出て来たのは「岩のりラーメン」。 うわっ、これは醤油だ!・・まぁそれが普通なんだろうが、それにしてもこの色はどうだ・・

真っ黒なスープ、麺はストレートっぽいが茹で方が足りないようで固まりのまま、具はシナチク、ナルト一枚、チャーシュー一枚、トッピングとしておびただしいほどの岩のりがかかっている。 

「岩のり」から潮の香りプンプンを想像していたのだが、意外にあまり感じない。 スープを啜ると、これまた意外にも塩っぱくない。

醤油味ではあるがその主張が強すぎることなく、それどころか魚介類や海草などで採ったダシと共にいい味を出している。 色は濃いが味は濃厚でなく、油っぽくもなく、さっぱりとしている。

玉子麺にはほのかな甘味があり、スープとの絡みもそこそこある。 食べ始めは少し硬いかなと思ったが、噛めば甘味を感じられるのだし、フニャフニャよりはマシだろうと思い直した。

あれま、これは、けっこうイケルぞよ。 もちろんしなかったが、たとえ完飲したとしても、56563などの問題もなかったろう。

tokoroten.jpg
自家製という「ところ天」は通常より太めで、しっかりした歯ごたえがある。 三杯酢の酢が少々強いかなとも思えるが、むしろ疲れた身体にはその方が良いのかもしれぬ。

カラシを付けて食べると、それがまたけっこうイケル。

ヒンヤリしていることもあり、あっと言う間に食べ切ってしまった。


総じて、グルメの鉄人シリーズに加えるほどではないが、このような土産物屋にしては意外にも美味い部類に入ると思う。 こりゃ、得した気分じゃわい。

4007_2.jpg
そうして爽やかな気分になったワシは西伊豆へ進路を取り、妻良~雲見~松崎~堂ヶ島~宇久須~土肥などの温泉地を見ながら田舎道を激走し、修善寺経由で三島~沼津と進み、東名に乗って家路に着いたというわけじゃ。

観光に良い季節じゃから、そういう輩がウヨウヨおった。 しかしワシには関係ねぇ。

例のほれ「その時点その時点で考えられる最高の速度出す」というポリシーはもちろん今回も普遍で、往路の西湘BPで150Km/h、復路の東名で175Km/hを記録したぞよ。


どうじゃな、ほれ、そこの坊主もたまにはでかけてみてはどうかの? そして出かけたら、すかさずここにアップするのじゃぞ。


おぉ、それから、これはシリーズものではないぞよ。

源さん、梅雨を楽しむ

  • 投稿日:
  • by

いよいよ梅雨じゃのぅ。


雨ばかりじゃからと言うて嫌がってはいかん。 日本人にとっては梅雨も大事な自然の一部、独特の風情を感じることができるのじゃぞ。

好む好まないに関わらず、あるいは意識するしない関わらず、日本人はこの季節の影響を古来より受けながら生きて来て、我々の生活様式や思考はこれらの積み重ねの上に成り立っておるのじゃ。


日本人ならば、梅雨という季節も楽しむくらいの器量を持ちたいものじゃわい!

この季節にまず思いつくのは紫陽花じゃな。 紫陽花に限らず、雨に洗われた木々や花々は生き生きとしておる。 この季節は彼らのためにあるのかもしれぬのぅ。

3373_1.jpg
そう期待して鎌倉の明月院に行ってみれば・・なんじゃこれは!? ・・・ 観光客や修学旅行と思しき学生達で溢れておるではないか!

まっ皆が自然を楽しむのなら文句も言うまいが、どこでも我が物顔で歩き回るオバハン連中はいかん! 奴らには日本人の奥ゆかしさのカケラもないわい。

オネーチャン達にはあのようにはなって欲しくないものじゃが ・・・

3373_2.jpg
肝心の紫陽花は ・・・ 見ごろにはチト早かったようじゃな。 もう一雨来た後、たぶん来週あたりが最盛期じゃなかろうか。

帰りには例の(茶席の)岩井の爺さんのところに寄ることも考えたが、あまり時間もなかったゆえ、今回はやめておいた。


どうじゃな、ほれ、そこの坊主もたまにはでかけてみてはどうかの?

そして出かけたら、すかさずここにアップするのじゃぞ。


おぉ、それから、これはシリーズものではないぞよ。



P.S.

 おぉ、そうじゃ、明月院にはもう一つ見ものがある。 それは孟宗竹じゃ。

 mousochiku.jpg
吹きつける風にひれ伏すことはあっても、けっして折れることはない。  打ち止まぬ雨にひれ伏すことはあっても、けっして折れはせぬ。

夏の照りつける熱に埋もれても、けっして消えることはない。  変わり行く季節に移ろいながらも、けっして消えはせぬ。

人間も地下にしっかりと根を張る竹のようになりたいものじゃな。