2015年4月アーカイブ

2015年4月26日

14枚目 月待ちの滝もみじ苑

大子町の蕎麦屋をネットの口コミが多かった月待ちの滝もみじ苑にやって参りました。

DSC_17442.JPG

まだ新緑のもみじの中を歩いていくと目当ての店があった。

DSC_17444.JPG

店の中でも食べれるけど、月待ちの滝を見ながら外でも食べれるので、外で蕎麦を食べることにした。

メニューを見ると国産の蕎麦粉を使っているから値段が高いとか、江戸時代に蕎麦は小粋に食べるもので大盛りは野暮と言われていたから大盛りはないと説明があった。

ここまで説明しているなら、さぞかし美味しい蕎麦かと思い、もりそばを2枚注文した。

出てきたもりそばは、こちらっ!

DSC_17447.JPG

2枚なんだけど・・・

と思ったら、後からもう1枚持ってくるみたい。

で、いつものように汁を付けずに蕎麦を食べると・・・

少し茹ですぎ

汁もイマイチかな

1枚目が食べ終わる頃に2枚目が出てきたんだけど、こちらは茹でが足りな過ぎ

太さが違う蕎麦があるならわかるけど、太さが均等なのに茹で方がバラバラ

ちょっと、これで客から代金をとるのはね・・・

いろいろと説明書きがあって、さぞかし素晴らしい蕎麦が出てくると思ったら、こんな蕎麦とは・・・

でも、殆どの人が蕎麦を食べないでお茶をしていたか、店を通り過ぎて滝見物だけだったな・・・

秋に紅葉したもみじを見に来ようと思っているけど、ここの蕎麦は絶対にないね。

2015年4月12日

210杯目 かどや

へらぶな漫遊記に書いた通り久しぶりにやって来ました西新井大師のかどや

DSC_16966.JPG  DSC_16967.JPG

このかどやは、爺が小さい頃から西新井大師に来ると必ずご飯を食べていたとこで、20数年前の高校生時代には、土曜日のお昼ご飯はかどやが定番だった。

今は、すっかりご無沙汰で1年間に2回か3回くらいしか来ない・・・

でも、今日は、無性にかどやに行きたかったので、ここで昼食をとることにした。

他の人は分からないけど、爺的には、かどや=焼きそばである。

縁日の屋台を思わせるような焼きそばが好きなんだよね。

ゴチャゴチャ具が入っていないシンプルさがたまらない。

DSC_16946.JPG  DSC_16947.JPG

これにソースをドボドボッとかけて食べるのが通だね。(笑)

DSC_16962.JPG

ちなみに焼きそば(小)は、350円である。

メインはと言うと・・・

じゃ~んっ!

カレーらーめんっ!!

DSC_16949.JPG

かどやのカレーらーめんは、普通の中華そばにカレーがかかってるのではなく、カレーうどんに使う和風のカレーに麺を入れたものなんだ。

これが、美味いの美味くないの・・・

どっちかって?

当然、超うめぇ~っ!

麺にスープが絡むとこなんて、最高だよね。

DSC_16950.JPG

スープは、小麦粉でとろみをつけているので、最初から最後まで熱々状態

いやぁ~

久しぶりのカレーらーめんは、絶品でした。

満腹に近かったんだけど、高校生時代にお小遣いがなくて焼きそばやらーめんが食べれなかった時は、今川焼を食べていたんだけど、懐かしいので今川焼も頼んじゃいました。(笑)

DSC_16956.JPG

北海道産のあずき100%の今川焼

半分に割ってみると・・・

DSC_16958.JPG

超旨そう~っ!

また、ちなみにカレーラーメンは500円、今川焼は1個100円です。

牡丹が不発だったから来週に来ようと思っているんだけど、今日はかどやで昼食を食べたから、来週は西新井駅で西新井ラーメンかな。(笑)

2015年4月 8日

209杯目 手打ちラーメンさど

今日は、千葉県内での営業のため、栄町にある手打ちラーメンさどにやって来ました。

DSC_16883.JPG

店内に入ると演歌の有線放送が流れていて、昭和感1000%の店である。

打合せの時間が迫っているので、あまり考えずに壁のメニューの一番上にあった味噌ねぎラーメンを注文した。

あまり麺には期待していなかったんだけど、登場した麺はこんな感じ・・・

DSC_16878.JPG

野菜とネギがたくさんのっていて、なかなか良い感じだね。

しかも、時代に流されずに味玉でなく普通の茹で玉子

スープは、もう少しピリッと感が欲しいけど、飽きの来ない感じの味かな

DSC_16879.JPG

麺は、普通の太さのチョイ縮れ麺

DSC_16880.JPG

もう少し味わって食べたかったんだけど、打合せの時間が迫っていたので、北陸新幹線並みの速さで麺を食べたので、あんまり味がわからなかった。(笑)

だけど、美味しく完食させて頂きました。

ご馳走さんっ!

DSC_16881.JPG

2015年4月 5日

208杯目 小樽らーめん豆の木

武蔵村山市の野山北公園から幸手市の権現堂桜堤への移動途中

蓮田市にある小樽らーめん豆の木で昼麺を食らうことにしました。

DSC_16757.JPG

店内には、席につけない人が数人待っていて、繁盛している店だなと思ったんだけど、店員が客をさばけないだけだった。(笑)

かみさんと一緒に席について、爺は小樽魚介しょうゆ、小樽香味塩を注文した。

店内は、ほぼ満席状態だったので、丼がやってくるまでに10分弱くらいの時間を有した。

で、出てきた小樽魚介しょうゆ・・・

DSC_16758.JPG

見た目的には、なかなかいい感じのらーめんかな。

では、スープを一口・・・

DSC_16759.JPG

少し魚介の味が薄いかな

それと返しが少し強いって感じかな

麺は、普通の太さの縮れ麺

DSC_16760.JPG

一応、注文した時に、小樽麺か手打ち麺か聞かれて、小樽麺にしたんだけど、その違いは全く分かりません。

食べ始めは、可もなく不可もなくと言った感じだったけど、前述した通り返しが強いため、食べれば食べるほど味に飽きてくる感じがする。

しかし、空腹だったために完食させて頂きました。

DSC_16761.JPG

それと師匠のかみさんが注文した小樽香味塩

利尻昆布を使った塩らーめんらしいのだけど、利尻昆布の味がしないと大激怒してました。(笑)