2013年8月アーカイブ

2013年8月29日

47杯目 和風焼き蕎麦

某薬局で面白いペヤングを発見した。

その名も「ぺヤングやきそば 和風焼き蕎麦」である。

DSC_4866.jpg

蕎麦粉入りの麺だそうだが、非常に興味津々の焼き蕎麦である。

では、パッケージオープンッ!

DSC_4881.jpg

作り方は、ソース焼きそばと一緒だな・・・

と言うより、ぺヤングって、まるか食品株式会社なんだ・・・

では、中身を・・・

DSC_4874.jpg

麺の色が蕎麦だね。

蕎麦の割合が小麦より多いのかな?

かやくは、たぬきそば系だね。

で、絡めるたれがソースではなく「つゆ」・・・

なんとなく味が想像できるかも。(失笑)

お湯を入れて3分・・・出来上がり!!

DSC_4888.jpg

では、一口・・・

DSC_4890.jpg

全然、焼きそばっぽくない。

想像していた通りの味で、「冷やしたぬきそば 温かい蕎麦バージョン」って感じかな。

ラーメン風に言えば、「汁なしたぬき蕎麦」って感じかな。(爆)

でも、すごく美味しい!

あっと言う間に完食!!

DSC_4896.jpg

まだ、売っていたら大人買いして、自宅に常備しておきたいね。

 

ちなみに使っている橋は、0系新幹線の箸である。

2013年8月28日

4枚目 原

今日の昼食は、秩父市で蕎麦を食すこととなった。

秩父市と言えば蕎麦!蕎麦と言えば秩父市・・・かな?

某社営業さんのお勧めである「本家 原」で昼麺となった。

古民家風?農家風?のたたずまいが、仕事でギスギスしている気持ちに安らぎを与えてくれるよね。

DSC_4860.jpg

店の前には、足湯があり無料で楽しむことが出来るが、タオルは店内で100円らしい。

足湯を楽しみたい人は、是非、タオル持参がお勧めである。 (次回は、足湯を体験するぞっ!)

11時開店で11時10分くらいに到着したが、もうすでに7割くらいの混雑度である。

おおもりを食したかったが、天ざるがお勧めということだったので、天もりを注文した。

10分くらいしたかな蕎麦がようやく入場っ!

DSC_4848.jpg

普通盛りでも蕎麦の量は多めかな・・・ 天ぷらの量も多いし、これで1200円はかなりお得だよね。

では、いつものように汁に蕎麦をつけずに実食・・・

少し粗挽きの蕎麦粉を使用しているため、蕎麦の香りが良いね。

手打ちの蕎麦で喉越しが良く、いくらでも食べれるような気がする。

DSC_4851.jpg

天ぷらも揚げたてなので、衣がサクサクしていて美味しい。

へら爺的には、しその葉が苦手なので、別のものにして欲しい。(笑)

DSC_4852.jpg

汁は、もう少し辛くても良かったかな。

DSC_4855.jpg(写真がボケボケ・・・すいません。)

最後の蕎麦湯まで満喫っ!

DSC_4856.jpg

この値段で、この味、この量 久しぶりの納得の蕎麦であった。

DSC_4858.jpg

次は、絶対におおもりだな。(爆)

次と言うとかみさんと小鹿野町にダリアを見に来る時だから、当然、土日だな・・・

と言うことは、10:30頃から並ばないと。

2013年8月25日

46杯目 むつみ屋~極~

今日は、かみさんが海浜幕張で用事があるとのことだったので、車で送りながら海浜幕張で昼食を一緒に食べた。

かみさんがいても昼食は、麺である。

車を駐車する関係で某スーパーのフードコートにある「むつみ屋~極~」で昼麺を食すことにした。

DSC_4837.jpg

メニューにある値段を見るとかなり心配になってきたが、店を変える時間がないので、へら爺は醤油ラーメン、かみさんは塩ラーメンを注文した。

3分くらいでラーメンが登場した。

DSC_4822.jpg

見た感じは、あの値段にしては美味しそうじゃん。

では、スープを・・・

DSC_4825.jpg

すごく美味しいとまではいかないが、値段の割には良いクオリティかな。

では、麺を・・・

DSC_4827.jpg

まだ、麺を食べていないけど、なかなかのラーメンという印象に暗雲が垂れ込めてきた。

麺を1口食べてみると少し茹で方が足りなく、小麦臭く歯ごたえもグニュグニュ・・・

塩ラーメンのほうはちゃんと茹でられていたのに・・・

今まで4ケタほどのラーメンを食してきたが、麺を残したのは3軒目・・・

DSC_4833.jpg

これだったら、ラ王とかマルちゃん正麺とかのほうが数倍美味しいね。

2013年8月23日

45杯目 見晴亭

今日は、秩父方面への出張。

喜多方と同じで行きたいと思う店は、へら爺が行くと必ず定休日なんだよね。(失笑)

で、昼麺は、以前に1回だけ来たことがある見晴亭で麺を食すことにした。

DSC_4804.jpg

セットメニューは少し高いけど、麺のみであれば普通の値段かな。

DSC_4786.jpg

へら爺は、支那そばのDセットを注文した。

へら爺より前に入店した人達が待っているのに、へら爺の支那そばが先に来た。

DSC_4787.jpg

食べてもいいのかなぁ・・・

トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、わかめ、ホウレンソウとたっぷりの刻みネギ。

スープは、少し濃そうな感じの色だが飲んでみると丁度いいかな。

DSC_4792.jpg

鶏ガラと魚の節でとったスープと思うが、少し魚の節のにおいがきついかな。

麺は、中太のストレート麺で茹で加減も抜群っ!

DSC_4794.jpg

九州とんこつや濃厚魚介豚骨のラーメンを多く食べてると、こんな昔ながらのラーメンが恋しくなるよね。

駅に近い場所にあるけど、観光客と言うより地元の方の食事処と言った感じだね。

今日も美味しく完食しました。

DSC_4797.jpg

ご馳走様っ!!

2013年8月22日

44杯目 十兵衛

火曜日の会津出張の時、非常に残念なつけ麺を食べたので、今日は、つけ麺リベンジをすることにした。

川越街道沿いにある十兵衛でつけ麺を食すことにした。

DSC_4782.jpg

つけ麺リベンジなので、無難に豚節つけ麺を注文した。

ここで、一つ疑問が・・・

十兵衛なのに麺を茹でている人は優勝軒のTシャツを着ているし、テーブルにある団扇を優勝軒・・・

十兵衛って、優勝軒の系列店なの?今はやりの買収なの?

と気になった。(どうでもいいことか。)

つけ麺入場っ!

DSC_4775.jpg

火曜日のつけ麺が脳裏にこびりついているせいか、すげぇ旨そうに見える。(笑)

DSC_4776.jpg

白髪ねぎって、とこが良いね。 

程よい量の背脂と海苔とチャーシュー

少しカツオの味が強い魚介豚骨かな。

麺は、中太のストレート麺で麺との相性がいいね。

DSC_4777.jpg  DSC_4778.jpg

もう少し量が欲しいと思ったけど、これ以上食べると、午後の打合せで寝ちゃうかもしれないので、腹8分目にしておくか。

スープ割りをもらって、少しだけスープの味を楽しんだ。

DSC_4780.jpg 

次もまた来てみようかなという感じの店だった。

2013年8月20日

43杯目 とん吉

お盆に喜多方に来たが、仕事の都合で19日は会社に出社して、20日に再び会津にやってきた。

お盆休み中、観光客が非常に多かったため、大好きな坂内食堂で麺を食すことが出来なかったため、昼食を坂内食堂でと考えたが定休日・・・(泣)

まこと食堂に移動したら長蛇の列・・・さゆり食堂も定休日・・・有名どころは駐車場が満車・・・

と店を探していたら会津坂下町に到着してしまった。(失笑)

今日は、とん吉という店で麺を食すことにした。

DSC_4762.jpg

店に入るとテレビで紹介されたと宣伝していたので、少し期待してつけ麺を注文した。

つけ麺にしては早く3分程度で目の前に出された。

DSC_4757.jpg

見た目で判断すると非常に残念な感じ・・・

スープは、千切りにしたナルトだけが大量に浮かんでいるだけのように思えるが、チャーシュー等も一応入っている。(笑)

DSC_4758.jpg

味は、魚の節の味が強いかな。

麺は、もう少しつけ麺を意識した麺を選んだほうがいいのかな・・・

DSC_4759.jpg

麺を完食して、割りスープを注文したが、その時に衝撃が走るっ!

「麺をつけるスープが足りないんですか?」

と店員より、返答があった・・・

おいおいっ!つけ麺の食べ方も知らないやつがつけ麺を出しているのかよっ!!

と言った感じで、あまりブログにいろいろと書く気がうせてしまった。

次回は、時間に余裕をもって、ちゃんとした店に入ろう。

2013年8月18日

3枚目 ふくろう

今日は、ラーメンではなく蕎麦を昼に食すことにした。

へら爺お勧めの1件である埼玉県幸手市にある「ふくろう」

DSC_4731.jpg

ここは、会津喜多方の山都をはじめ、その時に一番美味しい蕎麦粉を仕入れるようで、今日は、茨城県日立地方の蕎麦粉のようである。

へら爺は板そば、かみさんは水そばを注文した。

注文が入ると大将が目の前で蕎麦をこねるため、少し時間がない人にはお勧めできないかな。

板そば入場っ!

DSC_4737.jpg

通常、秋が新蕎麦の季節だが、今日の蕎麦は春蕎麦なので今が新蕎麦らしく、緑がかって蕎麦の香りがよい美味しそうな蕎麦である。

DSC_4734.jpg

つゆは、濃口と薄口が用意されており、蕎麦の風味を楽しむならば薄口が良いが、自称江戸っ子のへら爺は濃口のつゆで蕎麦を食した。

DSC_4739.jpg(写真を撮る前に食べてしまった・・・)  DSC_4740.jpg

やっぱり、ふくろうの蕎麦は旨いっ!

DSC_4743.jpg

くっちゃべりながら蕎麦は食べるもんではないので、無言で蕎麦をすすった・・・

見事完食っ!

DSC_4746.jpg

板そばは、もりそば二人前くらいだと言っていたが、少し物足りないような気がする・・・

当然ながら、〆は蕎麦湯

DSC_4749.jpg  DSC_4751.jpg

大将に聞いたところ、山都の新蕎麦は11月頃になるみたいなので、その頃に蕎麦を食べに来たいね。

2013年8月15日

42杯目 こうへい

本当は、某店で山塩ラーメンを食べたかったんだけど13:30ですでにスープが終了していたので、しょうがなく喜多方市内で麺を食すことにした。

少し中心街から外れたところにある「こうへい」に決定っ!

DSC_4613.jpg

行列は出来てなかったが、店内満席で作業用の椅子で数分待たされた。

喜多方にあるラーメン店では珍しく、カレーラーメンなどのオリジナルメニューが多く、どちらかと言うと観光客より地元密着の店かも知れないね。(出前もしているようだし・・・)

初めての店で、あまり冒険はしたくないので、無難に醤油ラーメンを注文した。

ラーメン入場っ!

DSC_4597.jpg

最近では、普通に味玉が乗っかってくるが、こうへいは普通のゆでたまご・・・

しかも、1/4カット・・・(笑)

スープの色は黒く、少ししょっぱいのかな?

DSC_4599.jpg

でも、スープを飲んでみると全然しょっぱくなく、豚骨、鶏ガラ、野菜でとったスープは、まあまあかな。

麺は、曽我製麺かな?

でも、ノーマルで少し茹ですぎは、いかがなものかと思うね。

DSC_4601.jpg

車に乗って、わざわざ食べに行くほどではないが、自宅で出前できるなら全然ありのラーメンだね。

DSC_4609.jpg

明日は、ラーメンは控えるかな。(笑)

41杯目 香福

喜多方ラーメンと言えば、「朝ラー」である。

今日は、喜多方でも新しい「香福」で麺を食すことにした。

DSC_4564.jpg

店の暖簾なんだけど、多くの店は染め抜きにしているのに、香福は刺繍なんだよね。

DSC_4565.jpg

でも、染め抜きと刺繍って、どっちが高価なんだろうね。

順番を待っている時に注文する麺を考える。

DSC_4566.jpg

今日は、釣りに行く予定なので、夏バテしないように「お肉ラーメン」にすることにした。

香福は、坂内食堂で麺茹でを行っていた人が独立して店を出したらしく、麺を茹でている姿を見ると名店で修行していたなと言った感じである。

と、関心をしているうちにラーメン入場っ!

DSC_4551.jpg

坂内食堂は塩系だけど、香福は醤油系だね。

スープは、変な脂が浮いていることなく美味しそうな感じである。

DSC_4553.jpg

豚骨と香味野菜でとったスープかな?

美味しいんだけど、今ひとつパンチがないような感じがする。

でも、喜多方ラーメンの中でも上位に入ってくるスープかな。

スープが進化することを期待することだね。

麺は、へら爺が大好きな曾我製麺

DSC_4556.jpg

そうそう、最近の店は、1人前づつ入れられる湯きりで麺を茹でているが、香福は、大きな鍋に数人前の麺を一気に茹でて、昔ながらの湯きりで麺を丼に分けるんだよね。

ここで凄いのが、一発で正確に1人前を湯きりにとり丼に入れるんだよね。

朝から、美味しく麺を頂戴した。

DSC_4561.jpg

最後に・・・

店に入ると醤油と豚骨と香味野菜でとったスープの香りがする。

だから、「幸福」ではなく「香福」なんだろうね。

2013年8月14日

40杯目 まるや

お盆休みともなると観光客が急激に増えるため、日頃、行列が出来ない店も多少なりとも行列が出来ている。

本命のラーメン屋は、行列が出来ていたのでパス・・・

行列がなく、すぐに入店が出来る店を探すことにした。

神社の隣にある「まるや」でラーメンを食することにした。

DSC_4490.jpg

今日は、オーソドックスに老麺(ラーメン)にすることにした。

3分程度でラーメン入場っ!

DSC_4474.jpg

つけ麺や濃厚魚介豚骨もいいけど、昔ながらの中華そばのようなラーメンを見るとホッとするよね。

スープは、鶏ガラと野菜がベースで返しの醤油もしっかりしている。

DSC_4475.jpg

でも、不自然なスープの熱さが気になる・・・

スープが冷めにくいように背油を溶かしたものを加えているのか、脂感が気になる。

麺は、喜多方特有の中太の平打ち麺

DSC_4480.jpg

これは、曽我製麺の麺ではないな・・・

五十嵐かはすぬまかな?

当たり障りのないラーメンって感じかな。

メニューを見ると喜多方スペシャルと言うものがあるが、注文をしたらどのようなラーメンが出てくるか興味があるね。(笑)

とりあえず、いつものように完食

DSC_4484.jpg

ご馳走さん!

明日は、朝ラーかな!?

2013年8月12日

39杯目 越後維新

長野・新潟旅行の2泊目は、越後湯沢に宿泊するので、昼食は、湯沢町にある「越後維新」で麺を食することにした。

DSC_4286.jpg

この店は、少し変で同じ越後維新でもラーメン屋とつけ麺屋が別れている。

家族やカップルとかで来た時に、同じグループでラーメンを食べたい人、つけ麺を食べたい人がいると思うのに、越後維新は、ラーメン屋ではつけ麺を出さず、つけ麺屋ではラーメンを出さない。

客のニーズなど一切関係ないと言わんばかりの店運営・・・

これが最初から分かっていれば、こんな店には入らなかった。

とりあえず注文は、越後みそと黒豚餃子を注文した。

越後みそ入場っ!

DSC_4269.jpg

見ただけで、非常に残念なラーメン・・・

何でチャーシューをさいの目上に小さくするの?

シーチキンじゃあるまいし・・・

スープは、白味噌ベースとなっているが、何か微妙なとろみ感が気に入らない。

あえて表現するならば、スープで麺を茹でて、麺についている小麦がスープにとろみを出しているような感じである。

と言うより、味噌ラーメンのスープを飲んでいる感じがしない。(味噌の味がしない。)

DSC_4273.jpg

しかし、自家製の麺は、中太で美味しいかな。

DSC_4277.jpg

へら爺が思うには、麺の美味しさとスープの味がアンバランスなので、美味しいと感じられないんだと思う。

しかし、麺が美味しかったから、とりあえず完食した。

DSC_4278.jpg

そうそう黒豚餃子の感想だよね。

噛んだ時に肉汁もどきが出るんだけど、これは、絶対に具の肉から出ているものではなく、餃子を作るときに煮こごり状にしたものを具の中に入れ込んで、調理をした時に肉汁に戻るようにしているのだと思う。

また、越後湯沢に旅行に来たとしても、ここでの昼食は120%ないな。

2013年8月11日

2枚目 油や

長野での夕食は、蕎麦でしょうっ!

と言うことで、暑い中を長時間歩きたくないので、長野駅前にある「油や」で夕食をとることにした。

DSC_4164.jpg

蕎麦屋なのに屋号に「油」と言う文字がある・・・不吉な予感が・・・

でも、ビジネスホテルお勧めの店なので、気にせず入店した。

混雑度は、90%以上。

かなり期待が出来そうである。

蕎麦入場っ!

DSC_4159.jpg

いつものように蕎麦自体の味を確認するためにつゆにつけずに食す。

えっ?美味しくない。

夏は、蕎麦の端境期と言うことで、新蕎麦より味が落ちるのは分かるが、ここまでとは・・・

美味しくないのに、この混雑度は何なの?

と思っていたら、原因がすぐに判明した。

新幹線を待つ時間で長野に来たんだから蕎麦でも食べるか。

と言う客が多いために混んでいるようである。

もう、これ以上、コメントを書きたくないので、これにて終了。

2013年8月 9日

38杯目 麺屋大原

ある事情により、約1年半ぶりにいすみ市にやってきた。

いすみ市に来たら、昼ごはんは「麺屋大原」でしょう。

DSC_4109.jpg

ここは、数年前に仕事で頻繁にいすみ市に来ていたときにオープンした店で、その頃から、いすみ市に来たときは昼食は麺屋大原と決めている。

麺も美味しいが、ここのカレーが美味なんだよね。

と言うことで、豚骨ラーメンと半カレーを注文した。

5分弱程度で、ほぼ一緒に豚骨ラーメンと半カレーが出てきた。

DSC_4088.jpg  DSC_4094.jpg

豚骨ラーメンのスープは、いわゆる博多系ではなく東京系に近い感じかな。

DSC_4089.jpg

で、半カレーはと言うと、美味の理由をずっと考えていたんだけど、今日、ようやく判明した。

カレーを作るときに、みじん切りにした福神漬けをカレーの中に入れているんだよね。

DSC_4100.jpg

自家製の麺は、中太で麺との相性が良い。

DSC_4093.jpg

昔を思い出しながら、時間を掛けて食べようと思ったが、いつものように疾風怒濤の如く完食してしまった。

DSC_4103.jpg

今度、来たときはつけ麺にしようかな。

2013年8月 8日

37杯目 田中そば店

今日は、足立区にある田中そば店にやってきた。

DSC_4083.jpg

近くに長浜ラーメンの田中商店があるが、こちらは喜多方ラーメンを意識した店である。

以前、田中そば店によく通っていたときは、行列ができるほど客は多くなかったが、最近、テレビ等で紹介されたのか昼時になると行列ができている。

来週、喜多方に行った時に喜多方ラーメンを食べまくる予定なので、今日は、山形辛味噌ラーメンを注文した。

5分弱程度でラーメン入場っ!

DSC_4062.jpg

青のりが多すぎかな・・・

午後から、客と打合せがあるのに・・・(冷や汗)

こってりを注文したので、ご覧あれ背油の量を!

DSC_4068.jpg

スープは、豚骨と野菜がベースとなっており、醤油と言うより塩系かなといった感じの味である。

しかし、へら爺の舌の記憶が正しければ、少し味が変わった?

麺は、喜多方ラーメン風で平打ちの中太縮れ麺。

DSC_4070.jpg

だけど、見ただけで少し茹ですぎのような感じがする・・・

トッピングの辛味噌を溶かすとスープは、こんな感じになる。

DSC_4072.jpg

トロトロのチャーシューは、軟らかすぎと言った感じかな。

でも、全体的なクオリティは、さすが田中そば店といった感じである。

DSC_4078.jpg

今度、来る時は麺硬めで注文するか。

へら爺の横に座った人も、麺硬めで注文していた。

2013年8月 1日

36杯目 まこと食堂

久しぶりの平日の会津地方。

土日祝日だと長蛇の行列が出来て麺を食すことの出来ないらーめん屋で麺を食したいと思い、坂内食堂へ・・・

しかし、坂内食堂は店が閉まっていた。

ここまで来たら、あの店だよね・・・

と言うことで、まこと食堂へやってきた。

DSC_3945.jpg  DSC_3946.jpg

今年、何回目かな?

今日は、中華そばを注文した。

そんなに客が入っている訳ではないのに5分以上経過してから中華そばが出てきた。

DSC_3932.jpg

丼のデザインといい、まことの中華そばが目の前に出てくると懐かしい感じがするんだよね。

では、スープを一口・・・

DSC_3935.jpg

豚骨と魚介でとったスープが美味しいよね。

さすがに喜多方で行列が出来る店だよね。

麺は、へら爺が大好きな曽我製麺。

DSC_3938.jpg

曽我製麺の工場で麺を良く購入するが、工場で売っている業務用麺より縮れが多いかな。

それと今日は、少し麺を茹ですぎなような気がする・・・

でも、曽我の麺は美味しいよね。

無言のうちに麺を食べつくした。

DSC_3944.jpg

1人で食べに行ったから、無言に決まっているかっ。(笑)

次は、是非、坂内食堂で麺を食べたいね。

 

ちなみに、へら爺の好きな喜多方らーめんの5本の指に入る「まつり亭」も今日は休みだった。

家に帰って、かみさんに話すと明日と明後日で祭りがあるから、その準備で店を閉めているんじゃないかとのことだった。

お盆に喜多方に行ったときは、喜多方ラーメンツアーを行うかっ!!