2013年5月アーカイブ

2013年5月30日

6杯目 麺屋たつみ喜心

今日は、埼玉県秩父市にある麺屋たつみ喜心でランチした。

DSC_1471.jpg

以前、かみさんと一緒に食べたときは、つけ麺を食べたので、今日は、ランチメニューである豚野菜そばにした。

勝手なイメージとしては、野菜とあったのでタンメン系かと思い、ラーメンが出てくるのを待っていたが、目の前に登場したラーメンは、予想に反して二郎系であった。(失笑)

DSC_1463.jpg

二郎系も大好きだが、今日の胃袋的にはアッサリ系が良かった・・・

まずは、スープから・・・

豚骨を使ったスープなのだが、もの凄くしょっぱい!

スープの味を楽しむどころではない・・・

麺は、太めのストレート麺である。

麺とスープの絡みを考えるとしょっぱいスープも納得できるが、しょっぱすぎるため水を数杯飲みながら、ようやく麺と野菜を完食した。

DSC_1466.jpg

基本的にスープは、何時間もかけてスープを作る店の人に敬意を表する意味で、少しくらい口に合わなくてもスープを全部飲み干すが、このスープは、さすがの自分でも半分も飲めなかった。

個人的には、ラーメンだけどスープを飲むために割りスープが欲しかった。(失笑)

豚野菜そばを選んだことを後悔しながら店を出た・・・・・

この黒板さえなければ、豚野菜そばにしなかったのに!(怒)

DSC_1468.jpg

2013年5月26日

5杯目 曽我製麺

今回のらーめん漫遊記は、少し番外編かな・・・
ラーメン屋ではなく、福島県喜多方市にある曽我製麺である。
DSC_1446.jpg
この曽我製麺は、喜多方ラーメンで有名な坂内食堂やまこと食堂に麺を卸しており、当然ながら僕も大好きな麺である。

久しぶりに曽我製麺の麺を東京に買って行こうと思い、曽我製麺の工場に直行!!

数か月ぶりに曽我製麺に来たら、曽我製麺オリジナルのラーメン丼があるではないですか!!
DSC_1448.jpg
業務用の麺とスープ、そしてラーメン丼を購入し、東京への帰路についた。

4杯目 あじ庵食堂

実は、25~26日でかみさんの実家である喜多方市に来ている。
喜多方市と言えば、喜多方ラーメン!!
かみさんの親戚の人には、喜多方人以上に喜多方ラーメンを知っている男と言われている。

今日は、東京へ帰る日なので、お昼にラーメンを食べる時間がないため、朝ラーに出撃!!

本当は、坂内食堂かまこと食堂に行きたいとこだが、長蛇の列に並ぶのはきついので、少し路地に入ったあじ庵食堂にした。
DSC_1440.jpg
注文したラーメンは、山葵塩そば。
喜多方ラーメンと言えば、醤油味というイメージが強いが、最近は、山塩を使った塩ラーメンも増えている。
DSC_1437.jpg
鶏がらと野菜でとった端麗なスープに太めの縮れ麺。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、本山葵である。
最初は、山葵を溶かずに食べて、半分くらい食べたら山葵を溶かして食べると一杯のラーメンが二度美味しい。

しかし、個人的には、ご飯に山葵を乗っけて、ラーメンのスープをかけて、お茶漬けで食べたかった。

なぜなら、山葵を溶かしたスープは、山葵茶漬けの味がした。(笑)

2013年5月23日

3杯目 奥我

今回のラーメンは、埼玉県皆野町の奥我である。
DSC_1382.jpg
この奥我は、秩父方面でお勧めできるラーメンの一杯である。
でも、かなり田舎なので、行く機会は殆どないと思うが・・・

この店の特徴は、通常のラーメンのメニューの他、次世代ラーメンということで創作ラーメンを提供している。
今日、食したラーメンは、次世代田舎のカレー坦々麺である。
スープは、小麦粉を使用してとろみをつけたカレー味。
麺は、中太の縮れ麺でスープとの相性が抜群。
どこが田舎風というと、具がカボチャ、茄子、パプリカを小麦粉をまぶして揚げたものがトッピングされており、今までにない麺・スープ・トッピングのラーメンだと思う。

ちなみに坦々麺とあるが、辛さは全然なく、純粋なカレー味である。

2013年5月22日

2杯目 大勝軒赤ふじ

今日は、埼玉県熊谷市に出張のため、熊谷市内でラーメンを食する。

埼玉県熊谷市 大勝軒赤ふじ。
20130522.jpg
この辺りにまともな店がないのか、店内は混雑度70%くらいである。
東池袋を強調しているので、つけ麺は甘酸っぱいと想定できるため、ラーメンをオーダーした。(甘酸っぱいのは嫌い!!)
太めのストレート麺は、大勝軒の看板を掲げているだけあって美味しい。
しかし、スープがイマイチ。
魚介豚骨系だけど、しょっぱさと豚骨の味が勝っていて、何かバランスが悪いラーメンである。
あっさり系のメニューは別にあるのだから、もう少し濃厚魚介豚骨にこだわっていいのに。

2013年5月20日

1杯目 飛天

昔の各シリーズを統合させた新シリーズ!らーめん漫遊記!!

復帰第一戦は、埼玉県三郷市にある飛天。
DSC_1364.jpg
ここは、みのもんたの「愛の貧乏大脱出作戦」に出たことのある店で、愛想がなく超根性なしの店長が松戸市とみ田、葛飾区道で修業を行った。
通常放送では、達人からの合格はもらえず、後日、ようやく合格した。
しかし、この修業が肥やしになったのか、飛天で出てくるらーめん、つけ麺は、本物である。

1度、上記番組の抜き打ちチェックがあり、達人が飛天のありさまを見て大激怒し、飛天再興のために達人が新メニューを授けて、リニューアルオープン!

しかし、抜き打ちチェックが入る前に食べに行ったが、普通に客が入っていたし味も落ちていなかった。
これは、視聴率稼ぎのためのやらせのような感じがした・・・

今回は、つけ麺を食した。
麺は太めのストレート麺で、スープは流行の濃厚魚介豚骨ではなく、少し酢のきいてる豚骨系のスープになっている。
あえて味の表現をするなら、東池袋大勝軒の砂糖を抜いた感じに近いかな・・・