2013年10月アーカイブ

2013年10月28日

41枚目 仕掛け作りの裏ワザ

仕掛け作りをするのに、ロッドケースを部屋の中に持込み、竿を継いで仕掛けを作るのが面倒臭いと思っていた。

ある日突然、釣具屋(日の丸釣具)で竿のメートル表示に目が行った・・・

9尺の竿が2.7mと表記されているではありませんかっ!

1尺は、約33cmとずっと思っていたへら爺は、1尺=30cmというのを利用して、仕掛けを簡単に作れる方法はないかと考えた。

そうだっ!

小学校の時に使っていた30cmの竹定規が良いじゃんっ!!

100円ショップで竹定規を購入して、仕掛け作りを開始した。

DSC_6551.jpg

まず、穂先に結ぶ部分を竹定規の片方に引っ掛ける。

DSC_6556.jpg

そうしたら、1尺、2尺、3尺・・・と数えながら竹定規に道糸を巻いていく。

DSC_6561.jpg

最後にスイベル等の小物やハリスをつけて出来上がりっ!

DSC_6567.jpg

15尺の仕掛けを作るのに要した時間(仕掛け巻きに巻くまで)は、約2分っ!

画期的スピードッ!!

確認した写真はないけど、丁度、竿尻の部分にスイベルがくる感じだよ。

部屋で竿を継がなくていいので、家族に迷惑が掛からないからお勧めである。

2013年10月21日

2両目 E5系

今日は、一関に出張の為、東北新幹線に乗ることになった。

インターネットで新幹線を調べると、E5系の車両を使用するやまびこになりそうである。

指定席は乗ったことあるんだけど、グリーン車はないんだよね。

今週末は、台風の影響で釣りに行けそうもないので、釣りに行ったつもりでグリーン車に乗ることにした。(本当は、グランクラスに乗りたいんだけどね・・・)

E5系が22番線に入線っ!

DSC_6515.jpg  DSC_6522.jpg

では、グリーン車の9号車に移動っ!

DSC_6524.jpg

落ち着いた車内でいいよね。

色合いがいいね。

DSC_6526.jpg

へら爺が座る1Dの席である。

DSC_6528.jpg

座り心地良さそうっ!

一関まで爆睡していくかっ!(爆)

2013年10月19日

第23話 ひたち海浜公園 ~コキアカーニバル~

今日は、毎年恒例のひたち海浜公園のコキアカーニバルにやってきた。

いつもは、中央ゲートから入園するんだけど、今年は、海浜口から並ばずに入園する作戦をとった。

先に来ていたお客さんはいたけど、中央ゲートみたく入場券を購入するために並ぶことなく入場券を購入できた。

DSC_6480.jpg  DSC_6189.jpg  DSC_6188.jpg

今日は、いつもより10分早い開園らしく、9時20分に入場開始となった。

ゲートをくぐると早速コキア君達のお迎えが。

DSC_6479.jpg  DSC_6471.jpg  DSC_6472.jpg

コキアだけを見るなら歩いてみはらしの丘に行ってもいいんだけど、コスモス等の園内に咲いている花を見たいので、サイクルセンターでチャリを借りた。

DSC_6192.jpg  DSC_6194.jpg

みはらしの丘に一番乗りできるようにチャリを飛ばし、みはらしの丘に到着っ! 

一番乗りかと思ったんだけど、すでに丘の中腹に見物客がいた・・・

残念・・・

DSC_6196.jpg

コスモスは、台風26号のせいで花がだいぶ落ちているけど、コキアは、綺麗に紅葉しているね。

DSC_6203.jpg  DSC_6201.jpg  DSC_6204.jpg

海に近いため海風の影響で、真ん丸コキアではなくキャプテン翼の髪型のコキアが多いね。(笑)

DSC_6209.jpg  DSC_6212.jpg

みはらしの丘とコキアの説明をした看板を丘の8合目付近で発見っ! 

こういうものは、丘を登る前に見たいよね。

DSC_6245.jpg  DSC_6246.jpg

コキアが32000株あるんだって。

数えて確認するわけにはいかないから、信じるしかないよね。(笑)

では、しばし紅葉のコキアをお楽しみあれ。

 DSC_6215.jpg  DSC_6220.jpg  DSC_6225.jpg  DSC_6252.jpg

 DSC_6258.jpg  DSC_6266.jpg  DSC_6273.jpg  DSC_6277.jpg

 DSC_6284.jpg  DSC_6286.jpg  DSC_6312.jpg  DSC_6328.jpg

何回も来たことあるけど、今年のコキアが一番綺麗だね。

おっ!青い色のコキアを発見っ!!

DSC_6260.jpg  DSC_6261.jpg

なんだ・・・かみさんか・・・(笑)

もう少しコスモスが綺麗に咲いているとコキアとのコラボが綺麗なんだけどね・・・

DSC_6313.jpg  DSC_6314.jpg  DSC_6316.jpg  DSC_6322.jpg 

コキアって、ムックみたいだし桃や苺にも見えるしかわいいよね。

せっかくひたち海浜公園に来てチャリを借りているので、園内をサイクリングしたいよね。

その前に腹ごしらえっ! 

DSC_6340.jpg  DSC_6335.jpg  DSC_6339.jpg 

ご当地ハム?の五浦ハムのハム焼きを食べた。

DSC_6344.jpg

エネルギー補給もできたし、チャリダーに変身するかっ!

目的地は、中央フラワーガーデンである。

途中で、すすきのデカいやつを発見っ!

DSC_6360.jpg  DSC_6357.jpg  DSC_6368.jpg  DSC_6365.jpg

すすきではなく、パンパスグラスが正式名称らしい。

身長は、2~3mくらいでへら爺より長身である。 

十五夜や十三夜に飾ってみたい感じはするけど、へら爺の家の中には入らないね。(失笑)

ようやく中央フラワーガーデンに到着っ!

中央フラワーガーデンに咲いている花は、主にコスモスなんだけど、いろいろな種類のコスモスが咲いているんだよね。

DSC_6369.jpg

DSC_6371.jpg  DSC_6372.jpg  DSC_6375.jpg  DSC_6383.jpg

見頃の時期は過ぎているけど、綺麗に咲いている花もたくさんあるよ。

DSC_6385.jpg  DSC_6392.jpg  DSC_6397.jpg  DSC_6404.jpg 

DSC_6408.jpg  DSC_6412.jpg  DSC_6420.jpg  DSC_6435.jpg 

中央フラワーガーデンで珍しいコスモスを発見っ!

チョコレートコスモスという品種で、チョコレート色でチョコレートの香りがするらしい。

色的には、ミニチュアローズで例えるとコーヒーオベーションに近いかな。

DSC_6439.jpg  DSC_6442.jpg  DSC_6462.jpg  DSC_6463.jpg

へら爺は、やらなかったが、かみさんが香りをかいでみたら、本当にチョコレートの香りがしたらしい。

では、海浜口まで移動して、チャリを返却して帰るか。

来年も今年のように綺麗な紅葉だといいね。

贅沢を言えば、コスモスも見頃だと最高だね!

2013年10月14日

40枚目 第5回伊藤さとしカップ in武蔵の池

ついに待ちに待った第5回伊藤さとしカップ当日になった。

受付が5時半から6時だったので、5時前に自宅を出発した。

5時40分くらいに到着したが、すでに駐車場は満車状態で、激渋りの予感が満点である。

事務所へ移動し開会式へ・・・

DSC_6112.jpg

伊藤さとしさんの挨拶があり、前売り入場券の番号順で中央桟橋へ入っていった。

DSC_6114.jpg  DSC_6116.jpg  DSC_6115.jpg

体験型のイベントと言うことで、シマノの竿の試釣会やマルキューのエサ教室などがあった。

特作伊吹を使ってみたかったが、使うと欲しくなるので涙を飲んであきらめた。(笑)

エサは、自分のエサボウルを持っていき、伊藤さとしさんに自分の釣り方を言うとエサをブレンドしてくれるらしく、かみさんは喜んで走って行った。

8時までは、自由時間なので、仕掛けをゆっくり準備して、釣りを開始した。

かみさんは8尺チョーチン・ウドンセット、へら爺は14尺のバランスの底釣りでスタートした。

エサは、寄せを重視する意味で、いつも使い慣れているペレ道とつなぎグルテンを合わせたものでスタートした。

ウキは、すぐにモヤモヤし始めたけど、食いアタリまでいかないんだよね。

我慢して、エサ打ちを続けると最初の1枚をゲット!

DSC_6117.jpg

感覚的には、700gくらいあるかな。

でも、8時前に釣ったので、検量対象外・・・残念・・・

ついに8時になり、ミニ釣り大会スタートッ!

かみさんの釣れだしは、相変わらず速攻で1枚目を釣り上げた。

でも、へら爺は、ひたすらエサ打ち時間が続く・・・

ようやく1枚目をゲット!

DSC_6119.jpg

でも、400gと少し小さめかな。

その後、ポツポツとしか釣れず、伊藤さとしさんにエサの相談をした。

教えてもらったのが、ダンゴの底釣り冬100cc、粒戦100cc、水200ccで基エサを作り、小分けにして押し練をしながら使うといいらしい。

でも、へら爺には、少し柔らか過ぎるかな。

最初のエサより、ウキの戻しが良い感じで、エサ落ち目盛り付近でツンッ!

DSC_6124.jpg

たて続けに数枚釣ったが、ウキがモヤモヤするだけになったので、底釣りをやめて8尺浅ダナ・ヒゲトロセットに変更した。

が、時すでに遅し状態で、午後になり激・激渋状態になり、ポツポツとしか釣れなくなった。

DSC_6126.jpg

ここで、15時になりミニ大会終了。

そして、表彰式へ・・・

DSC_6127.jpg

かなり下のほうだったけど、かみさんがビール、へら爺がチキンラーメンをゲットした。

DSC_6140.jpg  DSC_6143.jpg

そして、待っていた抽選会へ突入っ!

狙うは、マルキューのPA-04!

結果は、お膳をゲットした。

DSC_6135.jpg  DSC_6137.jpg

そして、北海道旅行のジャンケン大会へ・・・

深読みしすぎて、2回戦敗退となった。(失笑)

でも、1日楽しいイベントだった。

こういうイベントだったら、今後も参加したいね。

参加者全員に参加賞として、道糸とハリスのセット等をもらった。

DSC_6131.jpg

当日は、伊藤さとしさんが愛用している扶桑のウキが販売されており、底釣りで使用できるウキを3本購入した。

DSC_6152.jpg

かみさんがゲットした情報によると武蔵の池の納竿大会が面白いらしい。

絶対に参加してやるぞっ!

2013年10月13日

第22話 小鹿野ダリヤ園

本家原での昼食と大サプライズ(らーめん漫遊記を見てね。)を経て、ようやく小鹿野町のダリヤ園に到着した。

DSC_5942.jpg  DSC_5948.jpg

以前、新聞かなんかで紹介されたらしく駐車場が満車状態で、駐車場の係員が路駐をすすめるくらいの人気ぶりである。

整備協力金?の400円を支払って、園内へ入場した。

山形県の川西ダリヤ園は、広い公園の中にたくさんのダリヤがあるといった感じだが、小鹿野のダリヤ園は、狭い範囲に凝縮されてダリヤが咲き乱れている感じである。

では、綺麗に咲いているダリヤを見てくださいな。

本来であれば、名前と写真をリンクさせて、ダリヤを紹介したいんだけど、すごい数の種類なので、写真だけ紹介させてもらって、花の名前に関しては、小鹿野ダリヤ園のホームページを見てください。(URLは、一番最後に紹介します。)

やっぱりダリヤって言えば、ポンポンダリヤだよね。

綺麗に咲いているときは、自然の花というより造花のような感じだよね。

DSC_5988.jpg  DSC_6002.jpg  DSC_6008.jpg  DSC_6017.jpg

DSC_6034.jpg  DSC_6043.jpg  DSC_6069.jpg  DSC_6084.jpg

ダリヤ園に来るまでは、こんなダリヤがあると思わなかったんだよね。

ダリヤというより、菊?ひまわり?といった感じのダリヤです。

DSC_5960.jpg  DSC_6108.jpg  DSC_6105.jpg

単色の花もいいけど、グラデーションがかった花も綺麗だよね。

どうやってグラデーションが出るように品種改良するのか分からないけど、不思議だよね。

DSC_5956.jpg  DSC_5994.jpg  DSC_5996.jpg

ちょっと高速道路等で渋滞したのが、ちょっと誤算だったけど、秩父日帰り旅行は最高っ!!

 では、いつものかみさん登場っ!

大輪のダリヤなんだけど、握りこぶしじゃなくて手のひらより大きい花のダリヤ

DSC_6030.jpg

逆に小さいダリヤ

DSC_6089.jpg

来週は、ひたち海浜公園のコキアでも見に行くかっ!

小鹿野ダリヤ園のホープページは、こちらです。

banner.gif

2013年10月12日

39枚目 野田幸手園

昨日のブログの通り今日は、野田幸手園にやってきた。

DSC_5921.jpg

いつも一緒に来ているかみさんは、お茶の稽古があるため、へら爺1人の釣行である。

初代XperiaZの敵討ちをするのが目的なので、初代XperiaZを池に落とした時と同じ「さつき桟橋」に入ることにした。

DSC_5900.jpg

さつき桟橋は、東向きのため午前中の早い時間は、太陽が正面なんだよね。

だから池の風景写真は、逆光のため少し暗い写真になってしまった。

DSC_5893.jpg  DSC_5895.jpg

明後日の武蔵の池で行われる伊藤さとしカップは、底釣りで悪あがきしてみようと思っているので、まず、練習の意味を込めて、15尺の底釣りでスタートすることにした。

DSC_5892.jpg

餌は、底釣り三種の神器の夏・冬・マッハでスタートした。

逆光のため、ウキが黒い棒にしか見えない・・・(失笑)

偏光グラスを装着して、ようやく釣りになりそうである。

しかし、ウキが見えるようになったが、全然ウキが動かない・・・

動いたとしてもモヤモヤするだけ・・・

食い上げアタリかと思って合わせたら、ヘラのどてっ腹に掛かるのみ・・・

餌のタッチやタナをいじって、ようやく最初の1枚。

DSC_5898.jpg

でも、これが底釣り唯一のへらぶなだった。(失笑)

トイレ休憩を挟み、8尺の浅ダナ・両ダンゴで再スタートすることにした。

DSC_5906.jpg

餌は、ガッテン単品の標準作り。

やっぱり暖かい日が続いているので、浅ダナは、アタリが出るのが早いよね。

5投目で宙釣り1枚目をゲット!

DSC_5908.jpg

底釣りより、浅ダナの方が型がいいよね。

へらが寄り始めたので、餌を小分けにして手水を打って押し練をしていった。

DSC_5911.jpg

3枚くらい釣るとへらが散っちゃうんだよね。

なので、へらを寄せるために再度、基エサをうってへらを寄せることにした。

10投くらいでへらが寄り始めたので、押し練りしたエサに変更。

ウキが馴染みきる前にズバッと消し込むアタリが続くようになった。

DSC_5913.jpg

ここで、12時になったのでランチ休憩・・・

午後からは、8尺チョーチン・ヒゲトロセットでスタートすることにした。

バラケは、Sブルーの標準作りである。

ポツポツ釣れるけど今日は、浅ダナが一番いいかな。

DSC_5919.jpg

さつき桟橋は、4時まで釣りが出来るんだけど、午後になり気温が30度を超してきたので、2時で納竿とした。

それでは、今日の釣果は・・・

 

39枚でした。

明後日の伊藤さとしカップも頑張ります。

2013年10月11日

38枚目 野田幸手園対策

今年の6月に水没した初代XperiaZ の仇を討つために、明日の土曜日は、野田幸手園に行くことにした。

細心の注意をはらって釣りを行うが、2度あることは3度あるという言葉がある通り、池にスマホを落とすことは絶対に ないとは言えないので、十分な対策を講じて釣行する予定である。

十分な対策とは、ありきたりのネックストラップッ!

ネックストラップくらいの紐があれば、仮に池に落とした場合でも、時間をかければルアーで救出できそうだよね。

明日は、伊藤さとしカップの対策として、底釣りをメインに行うため、そんなに忙しい釣りにならないから、スマホを 池に落とすリスクは低いと思うんだけどね。

では、明日の野田幸手園の釣果ブログをお楽しみにっ!

2013年10月10日

37枚目 さなぎ玉~力玉のさなぎ粉漬け~

来週月曜日の伊藤さとしカップに向けて、力玉のさなぎ漬けを作ることにした。

へら爺の3分くらいクッキングゥ~!

今回は、力玉の大粒を使うっす。(モヤさま風に読んで)

DSC_5866.jpg

 準備するものは、力玉の大粒、さなぎ粉、クッキングペーパー、タッパーっす。

DSC_5852.jpg

まず、力玉をクッキングペーパーに広げるっす。

DSC_5868.jpg

次にクッキングペーパーで軽く押さえながら、力玉の水分をとるっす。

DSC_5869.jpg  DSC_5877.jpg

この時にクッキングペーパーを取り替えながらやるのを忘れずに。

ある程度、水分が取れたら、力玉をタッパーに移すっす。

DSC_5878.jpg

そして、力玉が隠れるくらいさなぎ粉をふるっす。

DSC_5883.jpg

蓋をしてシェイクして、出来上がりっす。

DSC_5888.jpg

 

では、伊藤さとしカップの釣果と順位をお楽しみに!

 

2013年10月 6日

36枚目 清久大池

今日は、一度は来てみたかった埼玉県久喜市の清久大池にやって来た。

霧雨が降っていたので、パラソルの準備をして、桟橋に突撃!

DSC_5778.jpg  DSC_5764.jpg  DSC_5762.jpg

事務所で水深を聞くと雨の影響で6mあるとのことだったので、21尺の竿と仕掛けを準備した。

エサ落ち目盛りを決めて、底立てをしたら、穂先から1mくらい余ったので、急きょ、18尺に変更となった。

DSC_5766.jpg

底立てが終了しエサ作りを開始した。

釣り始めは、いつものペレ道とつなぎグルテンを混ぜたものでスタート!

清久大池で気になるのは、最近の釣果なんだよね。

全然、釣れなくなったという話しか聞こえてこない。

でも、気にせずに釣りスタート!

10投目くらいで強いアタリが・・・

最初の1枚でなく1本目の鯉をゲット!

DSC_5770.jpg

続いて、最初の1枚をゲット!

DSC_5774.jpg

このまま波に乗るかと思ったら、その後、アタリが遠退いた。(泣)

1時間弱くらいエサ打ちをして、2枚目をゲット!

DSC_5781.jpg

でも、半ベっぽいよね・・・

 しかし、アタリは続かず、またまたエサ打ちタイム・・・

ウキが動くようになったが、鯉、ヘラが交互に釣れるだけ。

DSC_5782.jpg  DSC_5784.jpg

ようやくアタリが続くようになったと思ったら、ブルーギルの連チャン ということで、15尺のチョーチンに変更した。

DSC_5787.jpg

が、全然、ウキが動かず お昼御飯も持ってきてないし、腹も減ったから帰るか。

2013年10月 3日

第21話 吉見百穴

今日は、出張で吉見町に来たので、吉見百穴にやってきた。

DSC_5704.jpg  DSC_5703.jpg

一度は、吉見百穴に行ってみたかったんだよね。

入場料金を300円払って、園内へ移動っ!

まず、お出迎えしてくれたのは、吉見町キャラクターの「よしみん」

DSC_5732.jpg

百穴というくらいだから、穴がたくさんあると想像していたけど、山の斜面が穴だらけでビックリッ!

DSC_5710.jpg  DSC_5729.jpg

でも、一つ一つの穴は、小さいんだよね。

DSC_5713.jpg

吉見百穴の知識が皆無のため、エンドレスで流れている説明音声と看板で少々お勉強を・・・

DSC_5709.jpg  DSC_5708.jpg

吉見百穴は、古墳時代に作られた横穴式のお墓らしく、大正時代に国の史跡に指定されたが、現在は、吉見町が管理しているらしい。

多分、一番興味があるのが、このブログを読んでいる人と同じだと思うんだよね。

そう、本当に穴は100個なのか・・・というとこだよね。

園内に流れる説明音声では、100個ではなく219個らしい。

横穴について説明が書かれている看板を発見っ!

DSC_5717.jpg

でも、説明を読むより実際に入ってみたほうが早いよねっ!

では・・・

第二次世界大戦中なのか分からないけど、地下軍需工場だったらしい。

DSC_5719.jpg

中は、人が立って歩いても大丈夫な広さで、大きなものを運びだすのも楽なくらいの幅がある。

今日は、日差しがあり少し体を動かすと汗ばむ感じなんだけど、この中は、とても涼しく外の気温が嘘のようである。

DSC_5721.jpg  DSC_5722.jpg  DSC_5724.jpg

吉見町の職員の方が言うには、夏涼しく冬は暖かいらしい。

一通り見学して帰ろうとしたときに、あるものが視覚に入ってきた。

DSC_5718.jpg

吉見百穴には、天然記念物のヒカリゴケがあるらしい。

ヒカリゴケは、暗闇でも緑色の光を放出しているように見えるらしく、期待をして穴を覗いたが何も見えずだった。

でも、ヒカリゴケが自生しているのは中部より北の山に生息しているらしいが、関東平野に自生しているのは珍しいらしい。

花の諸国放浪記もいいけど、こういった歴史関係のものもいいよね。

出張でこういう場所に行ったときは、へらぶな漫遊記に載せるか。