2013年8月アーカイブ

2013年8月31日

第15話 筑西市ひまわりフェスティバル

今年最後のひまわりは、毎年見に行っている茨城県筑西市のひまわりフェスティバルである。

DSC_5017.jpg

初めて見に来たときは、まだ筑西市ではなく明野町だったような気がする・・・

ここは、ひまわりと黄花コスモスが綺麗だが、筑波山が近いため筑波山とひまわり、筑波山と黄花コスモスのツーショットが綺麗なんだよね。

DSC_4949.jpg  DSC_4992.jpg

初めて来たときは、もっと八重のひまわりが多かったが、年々、八重のひまわりが減り黄花コスモスが増えていくんだよね。

2年くらい前に係りの人に質問をしたところ、ひまわりを長年植えていると土地が痩せていくらしく、数年植えたら黄花コスモスに変えて土地を休ませているらしい。

8月29日段階での筑西市観光協会のひまわり開花情報では、3~4分咲きとのことだったが、31日の段階では7分咲きくらいかな。

DSC_4999.jpg  DSC_5003.jpg

満開の時期もいいけど、満開の時だと最初に割き始めたひまわりが枯れ始めてくるので、7分咲きくらいのときが一番綺麗だよね。

DSC_4942.jpg  DSC_4951.jpg  DSC_5009.jpg

観光客がたくさん来ることを考えて、全てではないが通路も広く取ってあり、他人とぶつかることなく気持ちよくひまわりを見ることが出来る。

DSC_4995.jpg  DSC_4994.jpg

黄花コスモスは、ほぼ満開だね。

DSC_4962.jpg  DSC_4968.jpg  DSC_4969.jpg  DSC_4990.jpg

八重のひまわりは、身長2mくらいかな。

でも、身長が3mくらいあるひまわりが・・・しかも歩いている・・・

DSC_5001.jpg

ひまわりフェスティバルでは、切花販売も行っており、上の写真は切花畑での1枚である。

会場テントの近くでは、ミニひまわり展がやっていた。

DSC_0052.JPG 

まず、最初は「パチノコーラ」 

DSC_0015.JPG  DSC_0016.JPG

続いては、「パチノゴールド」 

DSC_0019.JPG  DSC_0021.JPG 

この「ポットレモン」は、実際に見るともっとレモン色が鮮やかなんだけど、スマホのカメラではレモン色の鮮やかさが出ないのが残念だね。

DSC_0023.JPG  DSC_0025.JPG

レモン色がオレンジに変ったら「ポットオレンジ」という別品種

DSC_0029.JPG  DSC_0030.JPG

続いては、「パチノレモン」

DSC_0032.JPG  DSC_0034.JPG

何で「ピノキオ」という名前なんだろう?

何処かが急に伸びてくるのかな。(笑)

DSC_0037.JPG  DSC_0038.JPG

続いては、「チャイルド」

DSC_0043.JPG

最後は、「ソニア」

DSC_0049.JPG  DSC_0051.JPG

八重のひまわりも良かったけど、ミニひまわり展も良かったね。

また、来年も見に来るか。

30枚目 三和新池

どうしても三和新池オーナーの元ヤクルトの松岡さんに会いたいため、またまた三和新池にやってきた。

DSC_4931.jpg  DSC_4934.jpg

残念ながら今日も松岡さんはいなかった・・・(泣)

おっ!新べら放流情報がっ!!

DSC_4908.jpg

9月末か10月初めに第1回目の放流なんだ・・・

今日の釣り座を決めるために、水深マップのチェック。

桟橋でなくても4.7m位の水深がある林下の17番と18番に入ることにした。

かみさんは、9尺のチョーチン・ウドンセット

へら爺は、10尺のチョーチン・両ダンゴ

で、始めることにした。

餌打ちを始めたが、ウキが全然なじまない・・・

かみさんもウキの動きが変だと言い始めた。

下針にタナ取りゴムを付けて水深を確認したところ下針が底についてしまった。

 かみさんも根がかりをしてしまったので、急きょ、西桟橋に移動することにした。

気を取り直して、10尺のチョーチン・両ダンゴのスタート。

DSC_4901.jpg

餌は、Sグリーンの標準作り。

周りを見てみるが竿を絞っている人は少ないね。

 DSC_4902.jpg

 かみさんはポツポツと釣るが、へら爺の浮きはピクリとも動かない。(泣)

 やっぱり、チョーチン・両ダンゴはダメなのかな・・・

と言うことで、釣り方を8尺のチョーチン・ヒゲトロセットに変更した。

DSC_4927.jpg

やっぱり、セット釣りにすると全くウキの動きが変ってきた。

開始数投でヒゲトロ特有のドンッという消しこみアタリ!

DSC_4910.jpg

午前中の釣りが嘘のような感じになってきた。

ウキが馴染みきる前に上から持っていくヘラ

DSC_4921.jpg

ウキが消しこむわけではないが、3目盛りくらいスパッと入るアタリで釣れるヘラ

DSC_4914.jpg 

やっぱり、今年の夏はセット釣りのほうがいいのかなぁ? 

マルキューのペア大会は、最初からセット釣りでいくかな。

2013年8月27日

29枚目 2013わくわくペアへら鮒釣り大会

ついにマルキューより、ペアへら鮒釣り大会の検量カードがやって来たぜっ!

DSC_4844.jpg  DSC_4847.jpg

昨年の順位は、中の下くらいだったけど、今年は中の上くらいになりたいね。

あと2回くらい大会までに釣りに行きたいね。

先週の土曜日にかみさんは、神扇池で9:30~14:00の間で18枚釣っていたから、へら爺がいつも通りの釣りが出来れば中の上くらいには入れるかな。

今年は、弁当なしだから7:00~14:00までぶっ通しかな。

昨年みたく猛暑のため、13:00終了と言うことはないよね?

2013年8月25日

28枚目 神扇池

金曜日夜の天気予報で、土曜日は天気が悪いとのことだったので、土曜日は家で競馬、日曜日は釣りとスケジュールと考えていたが、土曜日になってみると土曜日が大丈夫で日曜日が危険と言った予報に変わっていたので、急きょ、土曜日に釣りに行くことに決めた。

天気が良いのに気付いたのが遅いため、有名どころの管理釣り場はもったいないと思い、毎度毎度のダメ扇池に行くことにした。

かみさんは9尺のチョーチンウドンセット、へら爺は12尺のチョーチン両ダンゴでスタートした。 2人ともウキ近辺に泡付けが出るのは早かったが、なかなか食いアタリが出ない。

釣りを開始して30分以上経過して、ようやく最初の1枚

DSC_4811.jpg

釣り番組で熊谷さんがコメントしていたけど、最近の両ダンゴの釣りは、エサの接点を見つけるのが大変でなかなか枚数を稼ぐことができない。

昼食後、8尺のチョーチン・ヒゲトロセットに変更。

やはりセット釣りだと食いアタリが出るのが早いよね。

ヘラの型もまあまあだし、竿ツンで竿を持って行かれそうになるし。(爆)

DSC_4818.jpg

久しぶりに少し満足が行く釣りが出来た神扇池だった。 マルキューのペア大会までに、1度は椎の木湖で試釣をしたいね。

 

ちなみにかみさんのベストショット!

上針はスレだけど、クチボソとヘラブナのリャンコ!!

DSC_4808.jpg

2013年8月18日

第14話 牛島古川公園

インターネットで春日部市にひまわり畑があることがわかったので、猛暑の中、牛島古川公園のひまわり畑へ出掛けた。

DSC_4638.jpg

現地に到着してみると、猛暑の中を歩き回るには、ちょうどよい大きさのひまわり畑である。

ここには、数種類のひまわりが植えられており、その品種毎にネームプレートが付けられている。

ひまわり畑に入って左側にあるのが、バレンタインという品種のひまわりである。

DSC_4639.jpg

背は高いんだけど、花の大きさはミニひまわりといった感じで、花の色も黄色というより、レモン色という表現が近いかな。

DSC_4644.jpg  DSC_4645.jpg  DSC_4648.jpg

次は、オーソドックスな形のサマープリナーズ

DSC_4652.jpg

ひまわりと言ったら、この形だよね。

DSC_4719.jpg  DSC_4712.jpg

でも、非常にノッポなひまわりで、身長は2mくらいあるかな。

DSC_4659.jpg

今日のひまわりの中で、一番のビックリひまわりは、ダブルクイックという品種のひまわり

DSC_4662.jpg

正面から見ると普通の八重のひまわりなんだけど、横から見ると一風変わっているんだよね。

表現が古いけど、キャンプ翼の大空翼の髪型だよね。

DSC_4672.jpg  DSC_4673.jpg

次は、パッと見た目は枯れているように見えるプラドレッド。

DSC_4690.jpg

なんかプラドレッドって、ひまわりって感じがしないよね。

入り口から一番奥にあるのが、ロシアひまわり

DSC_4679.jpg

このひまわりが一番ノッポ君かな 一番大きいのは、3mくらいあるかな。

そして最後は、八重のひまわりのダブルサンシャイン

DSC_4682.jpg  DSC_4687.jpg  DSC_4697.jpg

これは、筑西市のひまわり畑と同じ種類かな。

最初は、八重のひまわりなんかないと思っていたけど、毎年、筑西市のひまわりフェスティバルに行ってると見慣れて来るよね。

見晴台もあるし、大きなひまわり畑ではないけど、十分満足出来るひまわり畑だと思う。

DSC_4717.jpg

今年は、筑西市のひまわりフェスティバルを残すのみだね。

 

写真に写っている後ろ姿は、常連のかみさんだす。(笑)

2013年8月15日

27枚目 田吾作

喜多方滞在中の釣りと言えば、山形県米子市にある田吾作だよね。

朝から30度近くあったけど、香福で朝ラーをした足で田吾作へと移動した。

DSC_4594.jpg

お盆休みだけど、あまりの気温の高さに釣り人も疎ら・・・

DSC_4591.jpg

釣り座と太陽の位置が悪い時は、パラソルを使うのは嫌いなんだけど、今日は、パラソルを使わないと熱中症で倒れちゃうので、パラソルを使用した。

DSC_4587.jpg

かみさんは、お金持ちなのでパラソルはSHIMANO

へら爺もSHIMANOが欲しかったんだけど高いので断念したんだけど、やっぱりSHIMANOがいいよね。

3連単の万馬券が当たったらSHIMANOにしよう!

タナ規定がないのでウキ下20cmのカッツケ、餌はSイエロー4カップに水1カップでスタート。

3投目でウキが消しこむっ!

DSC_4568.jpg

見事な田吾作ベラ!7寸程度の大きさ・・・(笑) 

ウキの立つ場所は、5分も経たないうちにヘラがとぐろを巻くようになった。

あまりカッツケをしないから、いつもよりスレの数が多いかな。(汗)

本日1回目のリャンコッ!

DSC_4570.jpg

あっという間に10枚・・・

DSC_4571.jpg

やっぱり、田吾作ヘラは7寸くらいが平均なのか、大きいのが釣れてこない・・・

ペース的には、時間20枚くらいかな。

では、20枚目をどうぞっ!

DSC_4573.jpg

やっぱりベイビーだよね・・・(失笑)

スレが多いので、いつもよりハリストラブルが多く、ペースがなかなか上がらない・・・

本日2回目のリャンコ

DSC_4579.jpg

釣りを始めて、90分後くらいに30枚

DSC_4582.jpg

それにしても暑い・・・

もう忍耐も限界に近づいてきたので、あと1枚で納竿することに決めた。

そして、5秒後・・・

ウキが消しこんで、見事に上がりベラ。

DSC_4585.jpg

もう少し涼しくなったら、また、束釣りをしてみたいね。

2013年8月14日

第13話 三ノ倉スキー場

喜多方市にある三ノ倉スキー場

夏もスキーが・・・ではなく、昨年より夏の間は、ゲレンデがひまわり畑になるようなので、ほんの少しだけ気温が下がった夕方に三ノ倉スキー場へ出かけた。

インターネットで情報検索をしたところ、20日が見頃とのことだったので、非常に楽しみにしていたが、三ノ倉スキー場に到着したら、ご覧の通りだった。

DSC_4498.jpg  DSC_4509.jpg

中には、綺麗に咲いているのもあるが、少し期待外れのひまわり畑かな・・・

DSC_4502.jpg  DSC_4516.jpg  DSC_4523.jpg

でも、これだけ植えられていると満開になったときは、圧巻だと思う。

最後に夕食の買い物に来ていたミツバチ君をどうぞ。

DSC_4530.jpg

2013年8月13日

1泊目 HATAGO井仙

へらぶな漫遊記の新シリーズ「厳選の宿」

本シリーズは、へら爺が旅で宿泊した宿のうち、これぞっ!という宿を紹介するシリーズである。

記念すべき第1泊目は、越後湯沢にある「HATAGO井仙」である。

DSC_4326.jpg  DSC_4329.jpg

旅行サイトの「じゃらん」で予約したときに見た宿の中の写真では、古民家風的な感じがしたのに外装はお世辞でも古民家風とは言えないかな。

いざっ!宿の中へっ!!

DSC_4324.jpg

ロビーである1Fは、まさに古民家風の作りになっており、チェックイン待ちの客は、囲炉裏の周りでお茶が楽しめるようになっている。

DSC_4323.jpg

ロビーには、ジャズが流れており古風な和洋が楽しめて、気持ちが安らぐ感じだね。

チェックインの手続きが完了して、部屋へ移動を開始した。

井仙は、入り口で履物を脱ぎ、館内の廊下は畳敷きとなっている。

DSC_4317.jpg

 今日、泊まる部屋は、3階にある「雅」という部屋である。

DSC_4315.jpg

雅は、8月が誕生日であるかみさんのために清水の舞台から飛び降りた感じで予約した露天風呂付きの部屋である。

 では、部屋の中を・・・

DSC_4307.jpg  DSC_4308.jpg

部屋の中から、露天風呂を覗く・・・じゃなかった見ることが出来るんだよね。

DSC_4304.jpg

実際の露天風呂は、こんな感じ。

DSC_4314.jpg

大浴場だと風呂に入りに行くのが面倒だが、部屋に露天風呂があると楽だよね。

体がふやける程、温泉に入りまくってやるっ!

えっ!?もともとブヨブヨだって?

ほっとけっ!!

晩ご飯までに3回くらい露天風呂に入ったかな。

もう夕食の時間になったので、宿のレストラン「むらんごっつぉ」に移動した。

「むらんごっつぉ」とは、村のごちそうという意味だそうだ。

料理は、米も野菜も魚沼産らしい。

席に着くと、ディナーのメニューがあり、ディナーがスタートした。

DSC_4358.jpg

アミューズ(前菜)は、トマト魚沼サーモン黄身酢和え、夏野菜のピクルス、焼きなす煎り酒ばさみ

DSC_4360.jpg 

黄身酢和えのサーモンも美味しかったが、焼きなす煎り酒ばさみが美味だった。

スープは、オクラとモロヘイヤのすりながし

DSC_4365.jpg

スープから漂うかつおの香りが、食欲を煽る。

1口食べてみると、かつおの風味ではなく野菜の味がして、非常に不思議な美味しいスープである。

副菜の1品目は、日本海天然鮮魚夏野菜のジュレとさかすけソースのカルパッチョ

DSC_4371.jpg

軽く炙った白身魚にさかすけソースをつけて食べると凄く美味しい。

さかすけソースとは、酒粕をベースにしたソースらしい。

副菜の2品目は、夕顔の揚げびたし

DSC_4372.jpg

夕顔って、最初は花を揚げたものかと思っていたが、大きな勘違いらしい。

夕顔は、今の時期の呼び方で、冬になると冬瓜というらしい。

へら爺は、主采に越の鶏低温熟成塩麹ローストをチョイス。

 DSC_4377.jpg

 塩麹ローストって、初めて食べたけど美味しいよね。

また、皿の周りについている洋からしベースのソースをつけることにより、味に変化が出るため楽しみ2倍って感じかな。

かみさんは、主采に魚沼サーモン炙り たたき夏野菜みぞれソースをチョイス。

DSC_4379.jpg

 炙ったサーモンも美味しかったが、へら爺の注目は、夏野菜みぞれソースである。

何の夏野菜を使っているのか、非常に興味津々である。

主采と一緒に出てきたのが、ちゃわんめし・HATAGO味噌の味噌汁

DSC_4380.jpg

今回の宿で一番楽しみにしていた魚沼産コシヒカリのご飯。

見てよ!この輝き!!

DSC_4383.jpg

昔の人が銀シャリと言っていたのが分かるよね。

ご飯が輝き、一粒一粒がたっているご飯。

日本人に生まれて良かったと思う瞬間だよね。

最後にスイーツでパティシエのスイーツプレート

DSC_4387.jpg  DSC_4392.jpg

 大満足して、部屋に戻った。

その後は、当然、露天風呂三昧!

寝る前に貯まったブログを少し書いて就寝した。

朝起きて一番最初にやることは、当然、露天風呂に入ることだね。

朝風呂最高っ!

朝食も「むらんごっつぉ」である。

では、朝食スタート!

DSC_4424.jpg  DSC_4420.jpg

おかずも美味しそうだけど、やっぱり日本人の朝食と言えば、これだよね!

DSC_4427.jpg

店員が言うには、今朝のご飯の出来は最高で4升炊いてあるので、たくさんおかわりしても大丈夫とのことだったが、大丈夫、言われなくてもおかわりするから。

夕食は、茶碗1杯づつのおかわりだったが、朝食は、おひつ単位

気合が入るね!

DSC_4433.jpg 

今朝のご飯は、夕食の時のご飯と比べ、ご飯のつやや粘りが違うような感じがする。

しかし、ご飯が超美味しいことには変わりない。

おひつおかわり。

DSC_4435.jpg

やっぱり、魚沼産のコシヒカリは美味しいよね。

今年の新米は、魚沼産コシヒカリを食べるか。

ご飯のことを店員に尋ねてみると、夕食のときは、お米を研いですぐに炊くけど、朝食は、夜に研いたものを冷蔵庫に入れ、朝に炊くらしい。

これで、ご飯の出来上がりに味の差が出るのか。

それと店員から「お米通ですか?」と質問されてしまった。(笑)

少し高かったけど、部屋・料理・温泉の全てにおいて、満足できる宿だと思う。

また、越後湯沢に来るときは、是非、井仙に泊まりたいと思う。

2013年8月12日

第12話 越後湯沢温泉街巡り

夕食の時間が来る前に越後湯沢温泉街巡りをすることにした。

でも、越後湯沢温泉街なのか駅前通りなのか不明である。(笑)

少し歩くとへら爺の心をくすぐる看板を発見っ!

DSC_4332.jpg

30年ぶりくらいでの射的、鬼怒川温泉でやったのが最後かな。

DSC_4334.jpg  DSC_4338.jpg

玉10発で500円って、高いのか安いのか普通なのかわからない。(笑)

玉10発で15枚ゲット!

DSC_4341.jpg  DSC_4340.jpg

最高で5枚落しがあるようだが、どうやったら5枚落しが出来るのかは不明・・・

もう少し奥に行ってみるが、射的以上にへら爺の心をくすぐるものがなかったので、宿に引き返すことにした。

おやっ!宿の1階に心くすぐるものがあるではないかっ!!

 DSC_4467.jpg  DSC_4469.jpg

 なに~っ!温泉かき氷だとっ!!

考える余地なく入店っ!

あるある、いちご味とまっ茶味が・・・

DSC_4463.jpg  DSC_4461.jpg

温泉珈琲も気になるけど、やっぱり温泉かき氷だよねっ!

かみさんがいちごで、へら爺がまっ茶を注文。

まず、こちらを・・・

DSC_4449.jpg

これは、ヤバ過ぎる・・・

山頂のアップを・・・

DSC_4446.jpg

 シロップに漬け込んだいちごが宝石のようで、氷は超フワフワらしい。

まっ茶も登場っ!

DSC_4452.jpg

いちごの様な派手さはないが、これもヤバ過ぎる・・・

では、頂上のアップを!

DSC_4454.jpg

おやっ!?氷の中に漆黒の物体を発見っ! 

氷を掻き分けると・・・

DSC_4456.jpg 

 あずきがあった!超ラッキー!!

さらに食べ続けると白玉が・・・

DSC_4459.jpg

氷のスッキリ感、シロップの甘さ加減等、今までで最高のかき氷だね。

温泉かき氷の凄いところは、フワフワな氷、氷のスッキリ感があるが、氷がなかなか溶けないんだよね。

クーラーの利いている店で食べても、これくらい大きいかき氷を食べると最後はシロップジュースみたくなるんだけど、温泉かき氷は、最後の一口までかき氷なんだよね。

最後に・・・

温泉かき氷とは、越後湯沢の温泉水を氷にしかき氷にしているらしい。

第11話 長野~越後湯沢ドライブ

今日の宿泊地である越後湯沢に移動するために、長野市を出発した。

カーナビで検索したところ高速道路でも一般道でも時間が変らないので、 途中で珍しい所があれば、すぐに立ち寄れる一般道で移動することにした。

最初のトイレ休憩で道の駅千曲川に寄った。

そしたら、こんな看板が・・・

DSC_4172.jpg

ここの道の駅は、ランチメニューはなく一日中、朝食メニューらしい。

もしかして、これって何これ珍景かな?(どうですか?源さん・・・)

津南町に入るとひまわり畑を発見。

近くの津南食彩館に車を駐車して、ひまわり畑に移動した。

ほんの数十メートルなのに汗ダラダラ・・・

大きくないひまわり畑だけど綺麗な場所だね。

みんなが同じ方向を向いていたのが面白かったかな。

DSC_4180.jpg  DSC_4182.jpg  DSC_4185.jpg

DSC_4191.jpg  DSC_4205.jpg  DSC_4209.jpg

食彩館に無料駐車する訳にいかないので、喜多方へのお土産を購入することにした。

テレビでは、よく見るけど生で見たのははじめての白いトウモロコシであるピュアホワイトを購入した。

DSC_4215.jpg  DSC_4220.jpg

喜多方に到着したら、速攻で釜茹での刑だね。(笑)

食彩館の隣に 美味しそうなスイーツ発見。

DSC_4226.jpg

外はサクサク、中はトローンとしたシュークリーム コーヒー牛乳と一緒に食べた。

DSC_4228.jpg  DSC_4230.jpg  DSC_4233.jpg

コーヒー牛乳を買うときに、かみさんが「白とコーヒー牛乳」と注文していたが、こういう時は「白と黒」だろう!

DSC_4229.jpg

津南町で大きなひまわり広場があるという情報をゲットしたので、 車で移動を開始した。

ひまわり広場に到着っ!

綺麗だけどひまわりが疎らな感じがするので、遠目から見るとあまり綺麗に感じないかな。

でも、近くで見ると八重のひまわりより、ひまわりっぽいよね。

 DSC_4236.jpg  DSC_4237.jpg  DSC_4241.jpg  DSC_4243.jpg

 DSC_4246.jpg  DSC_4248.jpg  DSC_4256.jpg  DSC_4257.jpg

ひまわり迷路もあったが、こちらのひまわりは、種が出来る一歩手前って、感じかな。

それでは、いつもの1枚・・・

DSC_4254.jpg

午後2時に越後湯沢に到着した。

 DSC_4328.jpg

2013年8月11日

26枚目 聖湖

へらぶな漫遊記を開始して、初めての野釣りをしに長野県麻績村ある聖湖にやって来た。

DSC_4133.jpg  DSC_4137.jpg

初めての釣り場なので、釣り規定チェック!

DSC_4142.jpg

6時過ぎに聖湖に到着したが、街道桟橋以外の桟橋には、多くのへら師が釣りをしていた。

DSC_4119.jpg  DSC_4122.jpg

最新の釣果情報では、100枚超えという事だったので、かなり期待をしていたが、竿を絞っている人は、ほとんどいない。

で、桟橋は、トイレと昼食をつる聖レイクサイド館に近い街道桟橋に決めた。

DSC_4144.jpg

湖の水も減水していて、桟橋からのチョーチン釣りは不可能なので、かみさんと二人で浅ダナを始めた。

でも、数を釣ると言うより、今日は、避暑がてらの釣りだから楽しければいいか。

10尺でスタートした。

DSC_4113.jpg

餌をひたすら打っても浮きは動かない。

待ち釣りをしているかみさんは、ポツリポツリと釣り上げていく。

が、へら爺の浮きは全く動かない。

餌をいじっても、タナをいじってもダメ・・・

午前中は、1枚だけ・・・

DSC_4148.jpg

ちょうど12時になったので、聖湖の畔にある聖レイクサイド館で昼食をとった。

釣りに行くと、昼食は弁当が多いが、今日は、ビーフシチュー定食を注文した。

このビーフシチューが最高に美味しく、やみつきになりそうである。

これで1100円なんて、かなりリーズナブルである。

DSC_4127.jpg  DSC_4132.jpg

午後からは、気分を変えて、ヒゲトロでの釣りを開始した。

午前中より浮きが動くようになり、ヘラブナが釣れ始めた。

DSC_4150.jpg

尻尾がピンとしているから、大きさの割りに引きがいいんだよね。

でも、釣れ始めてもヘラブナが食べているのはバラケのほう。

と言うことで、ボソ系での浅ダナ両ダンゴに再度変更した。

この変更が良かったのか、ヘラブナが釣れ始めた。

関東の管理釣り場のように大型はいないが、傷のない引きの強いヘラブナが多いので楽しかった。

DSC_4153.jpg  DSC_4156.jpg

日差しは強かったが、湖面を吹く風が気持ちよく、パラソル無しで1日釣りが出来た。

当然ながら、一段と肌が黒くなってしまった。

 

2013年8月 7日

25枚目 2013マルキューペアへら鮒釣り大会

今日、マルキューより郵便物が届いた。

DSC_4054.jpg

別にプレゼント等の応募はしていないので、この封筒の中身はズバリッ!ペアへら鮒釣り大会の案内!!

ワクワクしながら封筒をオープンッ!

DSC_4059.jpg

ようやくマルキューから来たぜっ!!

って、感じかな。

今年は、去年より順位が高くなるように頑張らないとね!

今週末から、かみさんを特訓だっ!!

2013年8月 6日

24枚目 へら爺コレクション

へら爺には、ちょいと面白いコレクションがある。

管理釣り場へ釣行に行った時、入漁料を支払うと同時に池主さんに以下の質問をする。

「池の名前が入った餌ボウルありますか?」

そこの管理釣り場に行った記念として、池の名前が入っている餌ボウルがあれば絶対に購入する。

必ずしも池の名前が入っている餌ボウルがあるわけではないので、行ったことのある管理釣り場の数に比べて餌ボウルの数は少ない。

武蔵の池  DSC_4043.jpg

野田幸手園  DSC_4038.jpg

ダメ扇池・・・じゃなかった神扇池  DSC_4039.jpg

清遊湖  DSC_4031.jpg

筑波湖  DSC_4018.jpg

富郷乃堰  DSC_4024.jpg

椎の木湖  DSC_4022.jpg

隼人大池  DSC_4048.jpg

後は、マルキューが新しい餌を発売したときにもらえる販促用の餌ボウルくらいかな。

池の名前が入っている餌ボウルを売っている管理釣り場があればコメントください。

2013年8月 4日

第10話 野田市関宿台ひまわりの里

へら爺家は、毎年、数箇所のひまわり畑見物を行う。

ひまわりと言えば、8月というイメージが強いので、7月は全くのノーマーク。

8月のために野田市関宿台のひまわりの里をインターネットで情報検索していたら、ひまわり祭りが7/31までとの情報がインターネットに公開されていた。

と言うわけで、野田市関宿台に出かけることに決めた。

やはり、先月末までと言うことで、ひまわり見物をしている人の姿は全くなし・・・

と言うより、数面あるひまわり畑は、ほとんどが終わっており、1面だけのひまわり畑で花が咲いていた。

DSC_3991.jpg

でも、少しさみしい感じがするよね・・・

その中でも元気なひまわりを発見っ!

DSC_3993.jpg

来年は、7月中旬くらいにひまわり見物に来るかな。

 

ちなみに他のひまわり畑はこんな感じ・・・

DSC_3997.jpg  DSC_3999.jpg

後は、種の収穫を待つだけって感じかな。

2013年8月 3日

23枚目 武蔵の池

今日は、さいたま市にある武蔵の池にやってきた。

DSC_3958.jpg  DSC_3949.jpg

土曜日大会が開催されているらしく中央桟橋の一部が貸切らしい。

武蔵の池は、今日が初めてなので桟橋&水深チェック!

DSC_3962.jpg

水深は、平均4mらしく10尺までのチョーチンが楽しめそう。

桟橋は、案外広く隣とのスペースも広いから快適に釣りが出来そうである。

DSC_3951.jpg  DSC_3952.jpg

そして遂に剛舟10尺デビュー!!

DSC_3954.jpg

釣り方は、チョーチン両ダンゴ。

餌は、S-DESIGNのGREENの標準作りでスタートした。

が、浮きがモヤモヤするだけで強いアタリが出ない・・・

餌のやわらかさ、粘り、開き加減を調整しても、どうしても浮きの動きがよくならない。

少し手を休めて、周りの釣りを見てみると浅ダナで釣りをしている人が多く、型も揃っている感じである。

と言うことで、浅ダナに変更した。

浅ダナに変更して、数投でズバッと浮きが消しこむ!

DSC_3968.jpg

深場にいるような黄色みがかったヘラブナが釣れた。

その後も型が良く黄色みがかったヘラブナが連発した。

DSC_3971.jpg  DSC_3974.jpg

ここで、昼食タイム。

管理事務所でカツ丼を食す。(警察の取調室でないよ!)

午後の釣りスタート!

午後は、ヒゲトロセットでの釣りに変更したが、釣れるヘラブナは、みんなダンゴを食べているんだよね。

と言うことで、ヒゲトロセットから浅ダナ両ダンゴに変更した。

この変更が正解だったのか、平均700gのヘラブナが釣れ続いた。

DSC_3980.jpg  DSC_3983.jpg

13時30分を過ぎると、あまりの暑さに釣りを続けていく気力がなくなってきた・・・

次の1枚を上がりベラと決めて、気合を入れなおす。

14時05分、浮きがズバッとスーパー消しこみ!!

ヌボッと顔を出したのは、巨大ヘラブナ!!

DSC_3987.jpg

自動計量器で計ると1070gあった。

これが、本日の最重量ベラだった。

そうだ!

剛舟を使った感想だけど、振込み、水切れ、ヘラブナの取り込み等、とてもgoodだね!

と言うことで、順次、剛舟に竿をチェンジしていくことに決めた。

ちなみにかみさんは、竿のしなりが最高と言っていた。

へら爺よりへら師っぽい意見だよね。