レストラン タマガワ

  • 投稿日:
  • by

ここは関内駅の近く福富町仲通りにある、ちょっとレトロな感じの洋食屋。
view (1).jpg
店先の熊の看板が目印である。 タマガワという名は、もともと調布市の多摩川の傍にあったことに由来するらしい。

inside (1).jpg
店内はいかにも古いという雰囲気で、入り口付近には漫画本が置かれ、壁には絵画や雑誌の切り抜きなどの様々な飾り物が雑然と掛けてある。

店の雰囲気に不似合いな大型冷蔵庫が置かれているかと思えば、その上には14インチ程度の古いテレビが乗っており、NHKの歌番組が流れている。

客席は、一般家庭の食卓のようなものに地味なカバーがかかった4人用のテーブルが5つほど、これまた雑然と並んでいる。

そのような全てが、いかにも古い時代の洋食屋の雰囲気を醸しだしており、とても懐かしい気分になる。

あと十数年ほど経てば、この店も梅香亭 (2005/1/13の記事参照)のようになるだろう。


注文したのは次の通り。

- カキフライ定食 (¥1,100)
- オムハヤシ (¥1,350)

合計¥2,450也。

kakifly.jpg
宮城県産のカキを使ったカキフライ定食は、善くも悪くも普通。 衣は少し厚めであった。

omuhayashi.jpg
ここのオムハヤシは直径20cmくらいある巨大なもの。

TVの取材を何度も受けているので、知っている人もいよう。

ケチャップライスにはトロトロの半熟卵が乗り、さらにその上からハヤシソースがかかっている。

「余熱で卵が固くなるので熱いうちに召し上がって下さい」との注意書きがあるので、出てくるとすぐに食べ始める。

ケチャップライスはアッサリした味付けで半熟卵の甘さとの相性はバッチリ。

ハヤシソースは苦さと甘さが同居する味付けで、シャキシャキしたタマネギの歯触りも楽しい。

全体的にケチャップライス、卵、ハヤシソースのバランスが良く、昔懐かしい系のアッサリした味で美味しく、食が進むのだが、いかんせん巨大なため、私の場合2/3ほど食べたところでペースダウンを余儀なくされた。

量を少なめにし、カップスープとサラダを付けたレディースセット(¥1,350)もあるようだが、それでも私にとってはまだまだ量が多そうだ。

2/3サイズで¥1,000程度なら最高なのだが・・

いずれにしろ、味については今まで食べたオムライスの中で最高と言っていいと思う。

次の機会には他の料理も食べてみたいものである。