スヴニールママンの「和三盆ロールと抹茶スフレロール」

  • 投稿日:
  • by

package (3).jpg

次は「和三盆ロール」を試してみましょう。
wasanbon_look.jpg
「和三盆(わさんぼん)」とは、徳島で江戸時代から生産されているお砂糖のこと。 干菓子などの和菓子に多く使われるって知ってた?

サトウキビを煮詰めたものを1週間ほど寝かせて、手でこねながら蜜を絞り出すという方法で作られているそうなの。 それだけ手間をかけてるんだったら、きっと美味しいわよねぇ~。

wasanbon_roll.jpg
食べてみると・・文字通り「ふわぁっ」としたスポンジはとても軽やか。

スポンジにもクリームにも和三盆が使われていて、とても上品な甘さ。 しかもスゥーッと消えていくような優しい甘さで、後味はサラリとしてしつこくないの。

これもロール1本(直径約6.5cm、長さ約18cm)を一人で食べてしまえそう!?

maccha_look.jpg
そして、次は「抹茶スフレロール」よ。
maccha_roll.jpg
これは・・しっとりと密度の高いスポンジとふわぁっとした抹茶クリームの組み合わせがス・テ・キ!

抹茶クリームの中には小豆が入っていて、それが絶妙なアクセントになってクリームの上品な甘さをさらに引き立てているみたい。

この小豆は「大納言」という特別のものらしいわ。 納得よね~。

これほどのロールケーキは、滅多にお目にかかれるものじゃないわ。 冷やして食べると、より美味しいと思うわ。

「はぁ~、しあわせ~」って思わず呟いちゃう。


皆さんも、たまにはどうかしら?