45弘法山

 

推薦のことばいちろう
秦野盆地をへだてて表丹沢、大山あるいは
富士の眺望がすばらしく、桜の名所でもある。

 

ヒント

にゃい・・・でも車で碑までは行ける?ようだ?


ウンチ喰う?
大山から南下する山脚が、善波峠で東西方向に走る断層によってたちきらその南に位置する240メートルほどの山塊が弘法山と権現山で、秦野盆地東縁をなしている。弘法山はその名の通り、弘法大師修行の伝説がある。
頂上には、鐘楼や大師堂があり、鐘楼の脇にある古井戸は、乳白色の水がでてこの水を飲むかあるいはこの水で炊いた粥を食べると婦人の乳の出がよくなるといういい伝えが、弘法大師修行の頃からあり、「乳の井戸」とよばれている。
また、弘法山は雨ごいの山とも言われ、824年(天長元)弘法大師がここで雨ごいの祈りを行ったという言い伝えがあり、明治の中頃まで年中行事として行われていた。
さらに、秦野盆地を流れる水無川は、ふだんは水がないため、水無川と呼ばれているが、これは旅人から法外な料金を要求する情けを知らない渡し船の船頭を懲らしめるために、大師が水を枯らしたものだという。
しかし、この弘法山は、このような伝説だけでなく、わずか240メートルほどの標高から北から西の方角にかけては、丹沢山塊が雄大な姿を見せ、それに重なるようにして箱根の山々が稜線を描いている。そして、ふたつの山並みの間には、富士山が頭をのぞかせる。南には、相模湾が開け、江の島から三浦半島、さらに晴れた日には伊豆の大島まで望むことができるその展望のよさからも人気の場所である。