26真鶴岬と三ツ石

 

推薦のことばいちろう
相模湾に突出した真鶴岬の原生林と岬の先端
にある三ツ石からは三浦半島、伊豆半島、江ノ島
大島、初島などの展望がすばらしい。

 

ヒント

海岸では無く階段を上った小高い所にあるようだぜぃ。

ちゅうことは三ツ石の有料駐車場のあたりか?うぷぷぅ楽かも。


ウンチ喰う?
真鶴岬は、箱根火山が噴出した安山岩質の溶岩流によって形成された半島で長さ約3キロメートル、幅は2百〜8百メートルで、標高が90メートルある。
鶴が足をそろえ、両翼を広げて海に向かって長く首をのばして飛んでいる姿によく似ていることからこの名がついた。高さ数十メートルの断崖絶壁に囲まれているが、岬の先端に近いあたりは温暖な気候のため、亜熱帯植物の原生林が広がり、国指定の天然記念物で自生北限地であるクスやスダジイなど樹齢3百年ほどの常緑広葉樹の巨木が繁茂している。また、岬の先端からさらに海上5百メートルまでのびる岩礁は、先端に三つの巨石を浮かべており、三ツ石または笠石と呼ばれ、真鶴のシンボルとなっている。この三ツ石を前景にして海上に浮かぶ真鶴岬の景観は美しく、とりわけ、波頭を赤く染めながら、石の間から姿を見せる日の出はまさに値千金というにふさわしい。しかも、神奈川県内では数少ない海から上がる名所だ。