22 湘南平と高麗山

 

推薦のことばいちろう
湘南平から相模湾の海岸線、房総から伊豆の山々などその眺望はすばらしく、つつじ桜の名所。高麗山は湘南に残された唯一の自然林で、紅葉が美しい。

 

ヒント

平塚駅から国道1号線を大磯へ向って歩き、花水橋を過ぎた辺りから高来神社(社寺)の参道に入る。
 高来神社横を通り過ぎた所に高麗山公園(公園50選)の登り口があり、その場所に「かながわの景勝50選の石碑」が建っていた。


ウンチ喰う?
弓を張ったように湾曲した相模湾沿いにある湘南平は、平塚市南西部と中郡大磯町北部にまたがる海抜181メートルの丘陵で、山頂部は二段の平坦部からなっている。下段は駐車場、上段は公園になっていて、レストハウスや展望台、テレビ塔などがあり、正式には、平塚大磯都市計画風致公園という、いかめしい名前がつけられている。 かつては千畳敷きといわれたが、1958年(昭和33)4月から、現在の名で呼ばれている。北側は断層崖のため眺望は素晴らしく、平塚市街はもとより丹沢山塊や相模平野が一望できる。晴れた日には箱根や富士山の遠望も美しい。南側は傾動地塊のため、なだらかな丘陵が海岸線にまで達し、ここからは湘南の海が眺められる。北側も南側も、とりわ
け夜景が素晴らしく、恋人たちの格好のデート・スポットだ。湘南平の東側には、海抜165メートルの高麗山が連なっている。奈良時代この山の南側一帯に、高句麗からの渡米人が居住し、集落をつくったことから、高麗山の名前がついたという。古くから神域として保護され、緑濃い森林は、神奈川県内でも良質な自然度の高さで、現在、県の天然記念物に指定され、「高麗山自然林」と呼称されている。